スマートフォン版へ

「勝ちに行きます!」──BC参戦の背景と海外で騎乗する意義を語る【In the brain】

  • 2021年09月23日(木) 19時00分
VOICE

▲「勝つために行きます」ブリーダーズカップへの思いとは (撮影:武田明彦)


今週は、テーマを設けて川田騎手の脳内を紐解いていく「In the brain」です。海外志向が強かったわけではないそうですが、全国リーディングで初めてトップ3に入ったことをきっかけにフランスへ行くことを決意しました。

そんな川田騎手が“特別”と明かすブリーダーズカップ。11月6日、ラヴズオンリーユーとともにその舞台へと挑みます。海外遠征での経験を振り返りつつ、自身初となるアメリカのビッグレースを前に心境を明かしました。

(取材・構成=不破由妃子)

幼い頃から心に秘めた特別な舞台



 2021年11月6日、ラヴズオンリーユーとともに、ブリーダーズカップ(BCフィリー&メアターフ、またはBCターフ)の舞台に立つことになりました。

 11月といえば、秋のGIシーズン真っ盛り。帰国後の2週間の自己隔離を含め、3週間も日本の競馬を空けるということは、僕の起用を想定していた関係者の方々に多大なるご迷惑をお掛けすることになります。実際、コロナ禍になって以降、この「2週間の自己隔離」がネックとなり、ドバイも香港も断念してきました。

 でも、ブリーダーズカップでの騎乗依頼をいただいたとき、僕は一切迷いませんでした。ひとりのジョッキーとして、その舞台に立ちたい。ご迷惑をお掛けしてでも、乗りに行きたい。ブリーダーズカップとは、僕にとってそういう舞台なんです。

 佐賀競馬場で生まれ育った僕にとって、華やかなJRAは、ものすごく遠い存在でした。ましてや海外の競馬なんて、まるで夢物語。ですが、そんな夢のような世界があることだけは、父(佐賀競馬の元ジョッキー、現調教師の川田孝好師)が映像を通して教えてくれました。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1985年10月15日、佐賀県生まれ。曾祖父、祖父、父、伯父が調教師という競馬一家。2004年にデビュー。同期は藤岡佑介、津村明秀、吉田隼人ら。2008年にキャプテントゥーレで皐月賞を勝利し、GI及びクラシック競走初制覇を飾る。2016年にマカヒキで日本ダービーを勝利し、ダービージョッキーとなると共に史上8人目のクラシック競走完全制覇を達成。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング