スマートフォン版へ

【毎日王冠予想】毎日王冠から海外G1についても考えてみたい

  • 2021年10月08日(金) 19時00分
今週末は毎日王冠!
血統ビームを駆使した亀谷敬正の予想を重賞限定で公開!
鋭い着眼点に基づく見解は誰が読んでもタメになります。
以下よりぜひご覧ください。
亀谷敬正の予想を見る

ブラッドバイアスは世界中で発生することを改めて実感


 今年の凱旋門賞勝ち馬トルカータータッソはドイツ産馬。昨年の2着馬インスウープもトルカータータッソ同様、アドラーフルーク産駒。3着のハリケーンレーンも母はドイツ血統。改めてブラッドバイアスは世界中で発生することを実感(当然、恵まれる血統タイプはレース前に必ずしも読めませんけど)。

 クロノジェネシス、ディープボンドの結果は残念でしたが、出走してくれたからこそ、JRAで馬券を楽しめました。JRAも、2頭へのお礼に重賞レースの総賞金ぐらいは払ってもいいでしょう(他所の土俵で賞金も出さずにテラ銭を儲けたんですから(笑))。

 そして、ここ数年の凱旋門賞でレース後に話題になるのは「日本の馬場も欧州並みに重い舞台を作ってみては?」という議論。

 ボクも常々「能力の方向性は一定ではない」と提唱していますから、日本の馬場と凱旋門賞の舞台が遠いことには同意します。しかし、わざわざJRAが重い馬場を作る必要はないと思うのです(中山の障害コースを障害無しで走らせるレースを作るのは面白いと思いますが)。

 日本競馬は直線でトップスピードを発揮しやすい馬場の進化とともに全体のレベルは格段に進化を遂げました。馬場がタフだった一昔前だったら、日本のGIを勝てない馬が次々と海外のG1を勝つことなどありえませんでした。

 JRAがやるべきことは、JRAのGIでは勝ちきれない馬達が、馬券販売が行われる海外G1に、毎年複数頭出走できる体制(=潤沢な資金)を支援することではないでしょうか。それができれば10年以内には凱旋門賞も勝てるはず。詳しくは「亀谷競馬サロン」のコラムで書きましたので、興味のある方は御覧ください。一緒に議論したい方も、ぜひ「亀谷競馬サロン」に遊びにいらしてください。

 さて、今週は、毎日王冠。凱旋門賞馬に限りなく近づいたエルコンドルパサーがサイレンススズカに敗れ、凱旋門賞と同じフランスで行われるG1イスパーン賞を圧勝したエイシンヒカリが勝利したレース。

 過去10年の毎日王冠もエイシンヒカリの父でもあるディープインパクト産駒は10頭が馬券圏内に。馬券対象馬の3分の1以上を占めています。

 なかでも注目は母父がノーザンダンサー系との配合馬。ディープ産駒で当レースを勝った3頭はすべて母父ノーザンダンサー系。2017年はこの配合パターンの馬が1、2着。2016年も同配合パターンで11人気の人気薄だったヒストリカルが3着。

 なお、ヒストリカルは当時のウマい馬券で本命に推奨したのですが、思えば当時から同じ様なことを言っていたんですねー。単行本「亀谷敬正の競馬血統辞典」でも散々書いてますように、サンプル数が揃わなくても馬の能力の方向性を類推できるからです。

 また、該当配合で毎日王冠を勝利したリアルスティール、エイシンヒカリは、外国のG1を勝っているけれども、国内のGIは勝っていない馬。

 毎日王冠はGIが行われない距離で非根幹距離。日本のGIが行われる主流条件よりも、日本の主流条件とは方向性がズレる海外のG1に強い馬の方がフィットするぐらいの舞台。

 ヴァンドギャルドは父がディープインパクト。母父が欧州型ノーザンダンサー系のモティヴェーター。海外のG1で連対実績のあるディープ産駒。日本の根幹距離GIよりも海外にフィットするタイプ。だからこそ毎日王冠向きのタイプ。

 なおシュネルマイスターも先に書いた視点からいえば、毎日王冠向きのタイプであり、凱旋門賞も向くタイプの血統。だからといってシュネルマイスターが凱旋門賞で勝ち負けできるかはわかりません(もちろんどの馬もわからないんですが)。シュネルマイスターのような血統で、日本の根幹距離G1では掲示板が精一杯のタイプのお馬さんの方が向くのではないでしょうか…血統とは、そんなツール。その程度でも十分な価値を感じる方々が嗜むツールだと思うのです。

著しい成績を挙げ、殿堂入り予想家となった亀谷敬正の毎日王冠予想はレース当日までにウマい馬券で公開!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者で、『ブラッドバイアス』『大系統』『小系統』などの血統予想用語、概念の作者。血統ビームの革新性は20世紀末の競馬予想界に衝撃を与え、現在は競馬ファン、競馬評論家に多大な影響を与え続けている。また『競馬予想TV!』『競馬血統研究所』(ともにCS放送フジテレビONE)に出演するなど活躍中。ツイッターアドレスはツイッターアドレスはコチラ。
ウマい馬券にて『血統ビーム』の予想提供中

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング