スマートフォン版へ

「日本ではありえない…」凱旋門賞での直前の乗り替わりと“絶対”なヨーロッパの契約

  • 2021年10月12日(火) 18時02分
「Road to No.1」

▲昨年の凱旋門賞で優勝した弟のクリスチャン騎手 (提供:Racingfotos.com)


100回目を迎えた今年の凱旋門賞は、日本馬が2頭出走するなど大きな注目を集めました。そんな中、弟のクリスチャン騎手の騎乗馬が直前に替わり話題に…「契約だから仕方がないとはいえ、今回はちょっとつらかった」とミルコ騎手。ヨーロッパならではの事情について伺いました。

(取材・構成=森カオル)

※このインタビューは電話取材で行いました

最後の追い切りが終わるまでは何も決まらない


──日本馬2頭が出走した凱旋門賞でしたが、ともに持ち味を発揮できず、日本の悲願は再び来年以降に持ち越される結果に。弟のクリスチャン騎手が騎乗したラービアーも12着。クリスチャン騎手に関しては、直前の乗り替わりも話題になりましたね。

ミルコ ああ、ちょっとつらいニュースでしたね。僕も「なんで!? なんで!?」って、ちょっと怒ってた。前田オーナーもすごく楽しみにしていて、フォワ賞を勝ったあと、すぐに連絡をくれたのに。

──ラービアーは、凱旋門賞前日のロワイヤリュー賞と両にらみだったんですよね。

ミルコ そうそう。2800mのそのレースを使う可能性が高かったけど、去年の凱旋門賞で5着だったから、できれば今年も出たかったみたい。もともとクリスチャンもそういう話をしていたから、関係者はもう準備してたと思うね。ヨーロッパは、最後の追い切りがとっても大事です。だから、それが終わるまでは何も決まらない。たぶん、最後に追い切ったときの状態がとってもよかったんだと思う。

──とはいえ、あんなに大きいレースで直前に騎乗馬が替わるなんて、突発的なアクシデントでも起こらない限り、日本ではないこと。だから、そのあたりのヨーロッパの事情を改めてお聞きしたいなと思いまして。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
M.デムーロ世界一になる Road to No.1 / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング