スマートフォン版へ

【秋華賞予想】ステップレースと秋華賞の関係性

  • 2021年10月14日(木) 12時00分

異なる適性が求められる中でハマる馬とは


 牝馬路線は桜花賞の1600mからオークスの2400m、そして最後は内回りの2000mとそれぞれに対して異なる適性が求められる。そこでまずはこれまで当コラムで挙げたポイントをおさらいしたい。

◆オークス
 牝馬路線は2歳〜3歳春は1600mで桜花賞を最終目標にしていた馬たちが多く、番組編成的にも2歳時に組まれるOP以上の牝馬限定戦はアルテミスS(東京芝1600m)、ファンタジーS(京都芝1400m(2021年は阪神開催))、阪神JF(阪神芝1600m)しかなく、3歳春に組まれている番組もフェアリーS・エルフィンS・クイーンC・チューリップS・アネモネS・フラワーCと、フラワーCを除いて1600m戦となっています。このことが要因で「オークストライアルであるフローラS(芝2000m)は波乱を引き起こしやすい」当然、オークスも波乱を引き起こしやすいです。

◆ローズS
 オークス出走組が売れるが期待値的には条件戦組に分がある時期。前週の紫苑Sではミスフィガロが激走し、16人気のシャーレイポピーや13人気のトウシンモンブランなど人気薄の激走が目立った。紫苑Sのミスフィガロやトウシンモンブランに共通するのは、決して未勝利や1勝クラスをあっさり通過してきた訳ではないということで、いずれの馬も未勝利の突破にも時間がかかった中で1勝クラスをあっさりパスしてきたという背景がある。このように成長分をオッズに加味できていない傾向が強い。

 オークスでは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1992年生まれ。祖父が馬主だったため幼い頃から競馬に触れる機会が多かったが、2013年の安田記念をハズしたことをきっかけに馬券の研究を始める。2016年から競馬予想家としての活動を開始し、同年9月に雑誌「競馬王」にて紙面デビュー。競馬魂(フジテレビ ONE TWO NEXT)への出演、ならびにDMMオンラインサロンにて「絶対に負けたくないから始める競馬サロン」を主宰。著書に「絶対に負けたくない!」シリーズなど。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング