スマートフォン版へ

ニホンピロランド12着も前向きに&小牧騎手が「やられた!」と思う相手の騎乗は?

  • 2021年11月16日(火) 18時01分
先週は、福島→東京と忙しい週末を過ごした小牧騎手。日曜日には、全3勝を自身の手綱でマークしているニホンピロランドが実戦復帰を迎えましたが、6カ月半ぶりの影響か、12着という結果に終わりました。とはいえ、「乗りに行ってよかった。3勝クラスでもやれる」と前向きな感触を得た様子。レース回顧のほか、今週はユーザー質問を3つピックアップ。多彩な太節をお楽しみください!(取材・文:不破由妃子)

※このインタビューは電話取材で実施しました。

もうちょっとジックリ乗れば3勝クラスでも!


──6カ月半ぶりの実戦となったニホンピロランドは12着(11月14日・東京9R・銀嶺S)。昇級初戦に休み明けと、厳しい条件が重なりましたね。

小牧 いい位置で競馬ができたけど、ちょっと力んでいたね。あの馬にしては、ちょっと行き過ぎですわ。

──これまでも休み明けは、5着、7着、6着。もともと一度叩いてからのタイプですよね。

小牧 そうやねん。もともと(登録馬が多くて)入らないと思っていたから、仕上がり途上のところもあったかもしれないね。でも、東京まで乗りに行ってよかったです。もうちょっとジックリ乗ったら、3勝クラスでも間に合ってくる馬だと思ってるんでね。着順ほどガッカリはしてないよ。

──土曜日は久々に福島に参戦。

小牧 ん〜、ちょっと残念やったね。ヒバリ(11月13日・福島12R・会津特別・13着)は、スタートが上手いこと決まったからこれならと思ったんやけど、引っ掛かってしまった。前走からブリンカーを着けたことで、行きっぷりがよくなっていたんやろうね。窮屈な競馬になってしまって。

──城戸騎手(15着アーヒラ)が外をがっちり固めていましたね。

小牧 本当は最初から外に出したかったけど、ジョッキーとしてあそこは開けられへんやろ。これまでも手応えほど伸びないみたいなレースがあったから、今回は最初からタメを利かせたんやけどね。僕自身、あれだけ引っ掛かったのは久しぶりやわ。力があっても、あそこまで引っ掛かってしまったら厳しい。ただ、自分のリズムで競馬ができれば、あのクラスでももっとやれると思うけどね。

──関西から福島、東京と移動の多い週末でしたね。

小牧 やっぱ遠いねぇ(苦笑)。でも、今週も福島に行くかもしれん。フチサンメルチャンとかサワーホマレーとか予定してるんやけど、登録頭数がものすごく多いから、入るかどうかなんともいえないんやけど。それによってやね。

──では、ユーザーからの質問を2つほど。「小牧騎手にとって、思わず『やられた!』と思う相手の騎乗とはどんな騎乗ですか? 同業者が思わず唸るテクニックが知りたいです」。

小牧 テクニックというか、前回自分が乗っていた馬で勝たれたときとか。そういうときは「やられた!」と思うね。どういう乗り方にしろ、上手いこと乗られたなぁって。

──自分とはまったく違う乗り方をしてきたときなど、余計にやられた感が湧きそうですね。

小牧 そうそう。レース中でいうと、ギリギリのところを回ってくるとか。上手い人は、なんせ隙がないから。進路に入らんギリギリの位置で締めてきたりね。ただ、「やられた!」とはあんまり思わないかな。競馬やから、それが当たり前といえば当たり前やし。

──小牧さん自身がそういうテクニックを繰り出すこともあるわけですしね。

小牧 そうやね。でも、今はそんな競馬じゃないよ。競馬が変わったわけではないけれど、なんせ邪魔をしたらすぐにアウトになるから。制裁が厳しくなっているからね。

──続いては、「小牧さん、こんにちは。すっかり寒くなり、今年は秋を堪能できなかったなぁとちょっと残念な思いです。さて、こうも寒くなると、縮こまって体がガチガチ。朝起きたときがつらいです。競馬に影響するのかなと思うのですが、当日の体のほぐし方など夏場と変わりますか?」。

小牧 いや、僕らはサウナに入っているから、夏も冬も関係ないよ。夏だろうと冬だろうと、その日の最初のレースの前に、サウナのなかで必ず準備運動をするし。確かに冬の朝は寒いけど、その前にサウナでしっかり準備運動をするから、外に出る頃にはもう体がほぐれているからね。

──冬ならではの準備はありますか?

小牧 勝負服の下に着るものが変わるくらいかな。僕もそうやけど、最近はモンベルのアンダーウェアを着ているジョッキーが多いよ。

──では、最後の質問です。「小牧騎手といえば緑のブーツだったような気がするのですが、いつの間にか黒に変わっていることに気づきました。なにか思うところがあったのですか?」。

小牧 黒に変えたのは、もう何年も前やで。

──確か緑にはこだわりがあったような。なぜ黒に?

小牧 緑は園田の頃からの色で、中央では珍しかったからそのまま使っていたんだけどね。黒にしたのは、年相応に地味にしようと思って(笑)。

──またまた(笑)。

小牧 単純にかっこいいでしょ? これからはずっと黒でいこうと思ってる。今考えたら、緑はダサかった(苦笑)。
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング