スマートフォン版へ

【ユーザー質問】ミルコ騎手の“レース前ルーティン”「めっちゃ時間掛かるよ!」

  • 2021年11月23日(火) 18時02分
「Road to No.1」

▲準備には「めっちゃ時間掛かるよ!」というミルコ騎手 (C)netkeiba.com


レース前、ジョッキーたちはどんな風に作戦を練っているのでしょうか? 今週はユーザーからの質問から、ミルコ騎手の“レース前ルーティン”について聞いていきます。レースの準備には「めっちゃ時間掛かるよ!」とミルコ騎手。それだけに、絶対に言われたくない言葉があると言います。

(取材・構成=森カオル)

Q「レースの前や直前は何を考えて臨んでいますか? やはり展開が一番ですか? 相手の馬の強さですか?」(プルポンさん)


ミルコ 返し馬のあと、1番人気の馬を見て、2番人気の馬を見て、3番人気の馬を見て…。でも、人気の馬だけじゃないね。人気がなくても、「あ、あの馬、今日は絶対にくる。調子よさそう」と思う馬もいます。

 だから、今日は誰が乗っていて、前走は誰が乗ったとか、全部の馬について、前の日までに勉強しなくちゃダメですね。

──騎乗馬の過去のレース映像だけではなく、相手の馬の過去映像も見たり?

ミルコ もちろんです。それは当然。レースだけではなく、調教の映像も見ます。

──1レースにつき、けっこう時間を掛けて準備をされているんですね。

ミルコ めっちゃ時間掛かるよ! だから、調整ルームというシステムがあるのはすごくありがたい。サウナに入ったあとは、競馬新聞を見たりして深夜までずーっと勉強しています。

 でもね、最初にも言ったけど、返し馬が終わった時点で一度リセットする。そこでもう一度、ライバルたちの様子を見ます。

──輪乗りのときなど?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
M.デムーロ世界一になる Road to No.1 / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング