スマートフォン版へ

2021年締めくくる勝利を! 今週スタンバイのキタノインディには「まだ伸びしろがある」

  • 2021年12月21日(火) 18時01分
先週は、約8カ月ぶりの実戦となったキーフラッシュで6着。道中で一度ズブくなるというこの馬ならではの癖を見せながらも、最後まで簡単には止まらず、小牧騎手も「次につながる競馬はできた」と手応えを得た様子。さて、今週スタンバイしているのは、前走8着から巻き返しを期すキタノインディ。今年の開催もあと3日間。勝利で2021年を締めくくるべく、改めてこの馬のポテンシャルを語ってくれました。(取材・文:不破由妃子)

※このインタビューは電話取材で実施しました。

睡眠についてのユーザー質問に「僕の悩みもあなたと一緒や(笑)」


──長期休養明けだったキーフラッシュは6着(12月19日・中京11R・三河S)。もともと使いつつのタイプですが、今回はブランクをあまり感じさせない走りでしたね。

小牧 そうやね。休み明けとしてはいいレースだったと思います。最後は止まってしまったけど、それこそ休み明けのぶん。次はもっと辛抱できると思うし、次につながる競馬はできたんじゃないかな。

──相変わらずではありますが、4コーナー手前から渾身のムチが入っていました。

小牧 いつもやけど、3〜4コーナーでどうしてもズブくなる馬やからね。でも、そこを乗り越えれば、直線でまたひと伸びできる馬やから。今回もちょっと早いかなと思ったんやけど、次のためにも積極的に行きました。

──直線も、小牧さんの気迫が十分に伝わってくる追いっぷりで。

小牧 なんとか入着圏内には残りたいなと思って、必死に追ってきましたわ。次はもうちょっと前に行きたいね。やっぱり2、3番手で競馬をするのがベストのような気がするから。これまでも惜しいレースをしてくれてる馬やから、なんとかあとひと押しが利くように、いろいろ考えて乗っていきたいです。

──さて、今週ですが、巻き返しが期待されるキタノインディがスタンバイしております(12月25日・阪神10R・摩耶S)。

小牧 うん、土曜日やね。明日(火曜日)追い切りに乗ります。今年の開催もあと3日間やけど、どの日が今年最後の騎乗になるか…。サワーホマレーやニホンピロランドは、もう年内は使わないことが決まったんでね。今年はキタノインディが最後の締めくくりになるかもしれん。この前は残念な結果に終わったけど、ちょっと太かった可能性もあるから、まずは絞れてくることを期待して、何とか巻き返せるように頑張りたいね。

──キタノインディについては、こんな質問がきています。「キタノインディの回顧のなかで、『上まで行けるかもしれない』と話していましたね。それはどういうところで感じるのでしょうか?」。

小牧 一番は乗り味やね。あと、レース中の走りからは、まだ伸びしろがあるような感じが伝わってくる。まぁどちらも言葉で説明するのは難しいんやけど…。とにかく勝ち上がらんことにはね。その力はあると思っているから。それにしても、1年経つのが早いわ。来年はもう55歳や。とりあえず、来年も騎手を続けようかなと思ってます。

──そんな当たり前のことを言わないでくださいよ。

小牧 いやぁ、ここまできたら、もう1年1年やからね。来年もね、1頭でも2頭でも乗る馬がいたら、その馬たちについていって頑張るつもりです。

──確かに騎乗数の減少は否めませんが、そのラインナップを見ると、キタノインディ、キーフラッシュ、ニホンピロランド、サワーホマレーなどなど、勝ち負けが期待できる馬も多いです。

小牧 そうやねん。だから、気持ちが続いてる。もう気持ちひとつやからね。

──最後にユーザー質問をもうひとつ。「小牧騎手は睡眠の質を高めるために、何か取り入れていることはありますか? 同年代ですが、最近眠りが浅く、たくさん寝られません。睡眠の質を上げたいので、アスリートならではの工夫があれば教えてほしいです」

小牧 僕と一緒やん(笑)。僕もそれが最近の悩み。もうね、5時間寝たら、勝手に目が覚めんねん。調整ルームでも12時くらいに目が覚めたりしてる。最近はむしろ夜中に起きるのが楽しみになってきて、ひとりでゆっくり風呂に入って、また汗取りしたり。そうやってあえて体を疲れさせて、また少しウトウトしたりしてるよ。

──12時に目が覚めるということは、相変わらず7時とか8時に寝てしまうんですね(笑)。

小牧 うん。家でもそうやで。そのあともう一度寝ようとするんやけど、なかなか眠れない。今日も夜中の3時に目が覚めてしまって、ビールを飲みながら1、2時間テレビを観て、そのあともう一度横になったんやけど、やっぱり寝られんかった。

──調教のあと、昼寝の時間を設けているジョッキーも多いですが、確か小牧さんは昼寝もしないんですよね?

小牧 まったくしないね。ただ、寝不足という感じはしないから、今の僕の場合、睡眠時間は5時間で十分なのかもしれん。ホントはね、若い頃みたいに10時間くらい寝たいんやけど、年を取るとやっぱり難しいわ。人によってベストな睡眠時間は違うと思うけど、とりあえず「悩みは同年代のあなたと一緒や」って書いておいて(笑)。

──わかりました(笑)。

小牧 若い頃は朝起きられなくて、調教に出遅れたりしてたんやけどなぁ。今は出遅れることなんて絶対にないもんね。むしろ、今か今かと待ってるくらいや(笑)。
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング