スマートフォン版へ

【中山金杯予想】ヒートオンビートほか有力馬の馬体をチェック!

  • 2022年01月02日(日) 12時00分
競馬専門紙「馬サブロー」が誇るパドックの達人・加藤剛史トラックマンに中山金杯出走予定馬の中から6頭の馬体診断を行っていただきました。

(デイリースポーツ 馬サブロー・加藤剛史)


シャムロックヒル

栗東・佐々木晶三 牝5


シャムロックヒル

▲12月22日撮影


 10キロ増だったエリザベス女王杯同様に体のラインにメリハリがなく、冬場は少し厚ぼったく無駄肉を残す傾向か。ただ湿った質感でこの時期の牝馬としては上々の毛づや。体調面の不安はなさそうだ。姉のサラスやセラピア同様に重厚でいかにもパワーのありそうな肉質をしていて、荒れた馬場や道悪は合っていそうなイメージ。

トーセンスーリヤ

美浦・小野次郎 牡7


トーセンスーリヤ

▲12月23日撮影


 状態のピークが夏の函館記念。秋の天皇賞当時は少し物足りなさを感じさせたが、じっくりと立て直していい時の気配が戻ってきた様子。筋肉が盛り上がり、この馬のいいところでもある栗毛できれいな肌質。しっかりと地面をつかんだ力強い立ち姿で、軸のブレが一切ない。GIII戦で得意の中山コースならばやはり主力級の評価。

ヒートオンビート

栗東・友道康夫 牡5


ヒートオンビート

▲12月22日撮影


 脚が長く体高がありデビューから全て2000m以上の距離に出走。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

相馬の達人たちが重賞レースに出走する有力馬の馬体を診断します。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング