スマートフォン版へ

【師匠・曾和先生登場!】第1回「15歳での弟子入り…“中学を卒業してすぐやし、つらかったやろうな”」

  • 2022年01月11日(火) 18時01分
2022年の『太論』は、スペシャル対談からスタート! ゲストにお迎えしたのは、園田時代の師匠、曾和直榮元調教師です。小牧騎手が曾和厩舎の門を叩いたのは、中学卒業直後の15歳の頃。以来、40年の付き合いとあって、“ジョッキー・小牧太”を誰よりも知る人物であることは疑いようもありません。

今回は、満を持して実現した師弟対談。おふたりの出会いから二人三脚での戦った日々、中央への挑戦と移籍、そして現在に至るまでの戦いをじっくりと語り合う時間となりました。
第一回は出会いまで遡り、曾和師はなぜ、十分に痩せていた15歳の小牧少年に厳しい食事制限を強いたのか、その深い理由と当時の思いを明かしてくれました。(取材・構成=不破由妃子)

曾和先生の前では、いまだに緊張して喋れない…


太論

▲小牧さんを誰よりも知る曾和直榮先生(C)netkeiba.com


──今月の『太論』は、小牧さんを誰よりも知る曾和直榮先生をお招きしての新春スペシャル対談です。曾和先生、小牧さん、よろしくお願いします。

曾和小牧 よろしくお願いします。

──今回、対談企画を検討する過程で、小牧さんのほうから「曾和先生がいい」とご指名がありました。それはどういった思いからですか?

小牧 先生もまだまだお元気やし、僕は僕で54歳になって。これまで先生の前ではどうしても緊張してしまって、よう話せへんかったけど、今なら話せるんちゃうかなと思ったんです。

──とはいえ小牧さん、今日もめっちゃ緊張してますよね(笑)。

小牧 はい…。やっぱ喋れんかも(苦笑)。

太論

▲「やっぱ喋れんかも(苦笑)」(C)netkeiba.com


曾和 太はいつもこんな感じや。

──そうなんですね(笑)。ではでは、対談を通して、そんな小牧さんの緊張感もお伝えできればと思っています。まずは、おふたりの出会いから教えてください。

曾和 当時、僕の厩舎には所属の騎手がいてなくて、馬を育てるためにはちょっと都合が悪いなということで、九州で育成牧場をやっている笹山さんという方に「小さい男の子はいませんか?」と探してもらっていたんです。そうしたら、肥料に馬糞をもらいにきている方の知り合いに小さい子がいると。「会いにくる?」と聞かれたので、すぐに行きました。

──それが15歳の小牧さんだったわけですね。第一印象は?

曾和 小さいなと(笑)。35キロやったからね。

太論

▲15歳の小牧さんの第一印象は「小さいなと(笑)」(C)netkeiba.com


小牧 小さかったですよねぇ。僕は馬にも乗ったことがなかったし、騎手のキの字も知らなかったんですけど、間に入ってくださった方がたまたま園田と縁があって、それで紹介してもらって。

曾和 うちにきてからは、チョコレートとか一切食うな言うてね。35キロしかなかったので、ビックリしたんちゃう?

小牧 なんで食べたらアカンのやろ…って思ってましたね。まぁこっそり食べてましたけど(笑)。

曾和 ある日、絶対に見つからんようなところに隠してあったチョコレートの箱を開けてみたら、見事に空っぽやった(笑)。「こんなん探す時間があるなら、もっと馬乗りのことを勉強せい!」って怒ってな。

太論

▲「こんなん探す時間があるなら、もっと馬乗りのことを勉強せい!」って怒ってな(C)netkeiba.com


小牧 むっちゃ怒られましたよね。15歳といったら食べ盛りでしょう。もうお腹が空いてどうしようもなかった。だから、先生と奥さんの姿が見えなくなったら、真っ先に冷蔵庫を開けてましたよ。また水ようかんとか、美味しそうなものがようけ入っているから、ついつい食べてしまって。

曾和 中学を卒業してすぐやからね。つらかったやろうな。だけど、僕自身、体重で失敗しているから。

──先生もジョッキーを目指して競馬界に入ったそうですね。

曾和 そうです。昭和20年生まれだから、食べる物がまだなくてね。12歳、13歳の頃は、僕も35キロしかなくて、栄養失調やった。そんなときに競馬場に入ったら、ものすごく待遇がよくてね。食べ物がたくさんあって、あれも食べろ、これも食べろって言うてくれて、中学を卒業する頃には51キロまで増えてしまった。でも、騎手の試験は47キロ以下じゃないと受けられない。汗取りして落とせって言われたんやけど、僕、風呂に弱いんですわ。風呂酔いというのがあって、お風呂に入ると酔ってしまうの。だから、1キロ落とすのが大変で大変で。そんな僕を見た友達に、「もうあきらめろ。そんなことを続けていたら死んでしまうぞ」って言われてね。それで騎手になるのはあきらめて、厩務員の道を志したんです。

──そんな経緯があったんですね。

曾和 競馬場から学校に通っていた人間が騎手になれなくてね。同期の子たちと一緒に競馬に乗っている夢を何度も何度も見ました。目が覚めて、ガッカリしたりしてね。太にしてみれば、35キロしかないのになんで食べたらアカンのやろと思ったやろうけど、同じ失敗をしてほしくなかったから。デビューしてからもな、僕は勝負に対してものすごく厳しかったから。太はつらかったやろうなと思う。

──レース後、小牧さんが馬から下りると、小牧さんの後ろをついて歩きながらずーっと怒っていた…というのは有名な話ですよね。

曾和 ずーっとやないけどね(笑)。そういえば、ネットにも「いつも太に土下座をさせて謝らせていた」と書かれていたけど、いつもやないねん。一度だけや。覚えてるやろ?

小牧 もちろんです。

曾和 ナメたような競馬をしていたから、「馬を1頭作るのに、生産者がどれだけ苦労していると思う?」言うてな。種付け料を払って、3時間かけて種付けに行っても、種が付かんこともある。そうやって産ませた馬やから、自分の子供みたいに思ってる。そんな大事な馬に乗って、自分の意地だけで競馬をするなと。馬券を買ってくれているお客さんにしても、大金持ちの人もいれば、奥さんのものを質に入れてお金を作ってきている人もいる。その1票をお前に託してるんやと。だから、そういうことを全部背負って競馬をせいと。あのときは怒ったな。背中を蹴飛ばして。

小牧 はい。よく覚えています。

曾和 でもね、それをしょっちゅうやってたみたいに2ちゃんねるに書かれて。

太論

▲「2ちゃんねるに書かれて…」(C)netkeiba.com


──先生、2ちゃんねる見てたんですか!?

曾和 いやいや、こういうことが書いてあるよって教えてくれた人がいてね。それで見てみたら、毎日怒ってるみたいに書いてあったから。

小牧 確かに厳しかったですけど、そういうことがあったから、ここまで頑張ってこられたと思ってます。やっぱり人間、厳しさのもとで育てられたら、それが当たり前やと思えるようになるんでね。今となっては、先生の言うこともよくわかります。なんせ、あんなに真剣に怒ってくれる先生はいませんから。当時はつらいこともあったけど、今となってはありがたいことやなと思います。

次回へつづく
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング