スマートフォン版へ

【AJCC予想】近2年より軽い馬場で行われるAJCC

  • 2022年01月18日(火) 18時00分
馬場虎太郎

昨年は菊花賞2着から挑んだアリストテレスが勝利(c)netkeiba.com、撮影:下野雄規


馬場虎太郎が勝負レース予想をウマい馬券にて公開!殿堂入り予想家としてAJCCで渾身の印を打つ!こちらからご覧いただけます

 先週の中山芝は週中の雨量が多めで、年明けの開催のなかでは湿り気味の状態。風が強めに吹いていた土曜の2000m以上は負荷がかかって重めの馬場コンディション。日曜は馬場が乾き、風も緩んだことで標準的な馬場コンディションへ回復がみられた。

 今週の中山芝も直前や開催中に降雨がない限り、古馬にとっては標準的な馬場コンディションで行われるだろう。過去5年、アメリカジョッキークラブカップで独自に判定した馬場コンディションは以下の通り。

2017年「標準」
2018年「稍重い」
2019年「標準」
2020年「重い」
2021年「重い」

 先週までの馬場状態から、今年は2017年や2019年に近い馬場コンディション、状況が想定される。2017年と2019年のアメリカジョッキークラブカップはどちらの年もトラックバイアス「差し有利」

 今年に入ってから行われた中山芝重賞でも最初のコーナーを4番手以内で通過した馬は1頭も3着内に好走していない。対して、二桁位置取り馬は5頭が3着内に好走している。

 末脚のしっかりしたタイプを狙いたい。

馬場虎太郎

AJCC3年連続の出走となるラストドラフト(c)netkeiba.com、撮影:橋本健


 ラストドラフトの前走中日新聞杯はトラックバイアス「超内有利・前有利」。内を通って先行していた馬が極端に恵まれて、3連単は236万馬券の大波乱になったレース。後方からでは届かない状況だった。2走前の天皇賞秋もトラックバイアス「内有利・差し有利」と判定。外枠は不利。近走は力を出せていない。

 アメリカジョッキークラブカップには3年連続の出走となり、過去2年ともに3着。どちらも「重い」馬場コンディション。これまで重賞で連対した3回は馬場コンディションが「軽い〜標準」の間。

 ラストドラフトは馬場が軽い方がパフォーマンスを上げる。今年は過去2年よりも良好な馬場コンディションが想定される。過去2年以上のパフォーマンスを出すことも期待できる。

殿堂入り予想家となった馬場虎太郎のAJCCの予想はレース当日までにウマい馬券で公開!


馬場氏を含む殿堂入り予想家の無料コラムも公開しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

トラックバイアス(馬場の偏り)を利用した馬券術を用いる馬場分析のプロフェッショナル。JRA発表の馬場状態ではなく独自の指標(※)を用いて真の馬場適性を分析、またパトロールビデオと綿密なデータ分析によって「トラックバイアスの不利」を受けた馬を導き出す。 ※「軽い」「稍軽い」「標準」「稍重い」「重い」の5段階で馬場状態を評価

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング