スマートフォン版へ

来年への教訓

  • 2022年01月28日(金) 12時00分

シルクロードSの注目馬たち


 競馬サークル内にも広がりつつあるコロナ感染。また芸能界も続々と名前が公表され、過去番組でご一緒した方や知人も存在。

 とにかく基本的なことに加え、食と睡眠をしっかりとり免疫を低下させない暮らしを心がけたいものですね。

 とは言え、先週も馬券&期待をしていた馬がボロボロという結果…。しかもオヤシラズが痛みだし寝不足にも。

 よって今週は、最近よく耳にする自己肯定感というやつを少し取り入れた方がいいかな? と思う週でもありました。

 しかしながら気持ちは、言葉の通り、気の持ちようで高くも低くも平穏にもできるもの。失敗や期待通りの結果にならなかった時は「次への学び期間」とし、その経験を味わえたことに感謝するぐらいの気持ちでいたいものですね。

 さて先週のAJCCですが、最終週の中山での2200m。ここ、非常に大きなポイントでした。特に2着のマイネルファンロンにおいては、勝利をした新潟での走りに加え追い切りの動きも抜群。外差しの馬場傾向では狙うべき馬でした。来年に向け、メモしておきます…(忘れていそうですが…)。

 さぁ今週、中京競馬場で行われるシルクロードSですが、きっと皆さんの注目の1頭といえばメイケイエールでしょう。

 スピードコントロールの難しい女の仔。

 陣営は様々な試行錯誤で挑んでいる様子ですし、池添騎手とのコンビが2回目となるのもプラス材料。

 また馬体写真から、明らかに前回時よりも体のラインがシッカリとした様子に映り、帰厩時の体重増から体を絞った中間にも思え期待がもてます。

 あとは当日の折り合いということになりますが、パドックまでは落ち着いており、こればかりはスタートをきってみないと分からないところも…。

 また一瞬の切れ味が武器なタイプゆえ、直線短い方がプラスには思えますが、前半、良い位置で競馬を運べるという点からも総合力の高いカレンモエは外せないところ。

 同じく牝馬のエーポスも個人的には気になる1頭。大敗をした長期休み明け2戦目の前々走は、輸送競馬もあったと思いますし、前向きすぎる気性から現時点では1200m&上のクラスの方が、レースがしやすそうな雰囲気。相手は強化されますが、1200mでどこまでやれるか?戦歴も浅く、またこの距離では未知なだけに楽しみです。

 そしてスタートは安定しないものの、今の中京の馬場と斤量的な面で魅了されるのがシャインガーネット。この上記4頭に注目です。

 それでは皆さん、日曜日はフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。

 ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。2000年には日本人女性騎手初の海外勝利を挙げ、01年6月に引退。 現在はホース・コラボレーターとして、フジテレビ系『みんなのKEIBA』などに出演。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング