スマートフォン版へ

厩舎と騎手のタッグ

  • 2022年02月12日(土) 12時00分

共同通信杯の注目馬たち


 常々思ってきたことですが、何をするのも最後は人。

 例えば、いくら良い素材の食材を持ってしても、調理する人次第で最高級の料理にもなれば、残念な味にも…。

 また、システムキッチンがあっても料理の技術がなければお湯を沸かす程度の台所となってしまう可能性も。お店や旅館、ホテルもしかり。結局最後は人なのだと感じます。

 これは馬の世界にも言えることで、先週のきさらぎ賞も横山典弘騎手&昆厩舎のコンビでの勝利に。もともと師と横山騎手は北海道時にゴルフにまわるなど、交流があると伺っていましたが、現在、栗東を拠点にされている横山騎手。一昔前で言えば、昆厩舎は主に藤田伸二騎手とタッグを組んでいたことも思い起こされますが、日々の調教とレースがスムーズな形で繋がり、それが1つの勝利、そして重賞制覇へと導かれている気がします。

 このように騎手と厩舎のタッグが組めているかどうか? これは本当に重要なことのように思えます。

 さて今週もクラシックに向けた戦い共同通信杯が行われます。朝日杯FSを終えた時点で感じたことは、まだ自分自身の体を支えきれていないと思える中で3着となったダノンスコーピオンのポテンシャルの高さを感じました。

 ただ今回は、初輸送競馬に加えて初の左回りと課題もある中。しかも調教の様子から前走時よりもユルサが残っている様子…。よって心配な面も多いですが、その点を川田騎手&能力でどこまでカバーできるか? な気がします。

 同じく朝日杯FSで、まだまだノビシロいっぱいの体に映ったのがジオグリフ。5着に敗れはしたものの、前半の位置取りや外をまわっての内容に同じく能力の高さを感じました。またジオグリフにおいては、距離がもう少しあった方がいいとも思え、そういった意味でも今回の方が条件プラスになると思えます。

 先週のきさらぎ賞もそうですが、この時期は、五分にスタートが切れるか?道中の折り合いは大丈夫か?など、ジョッキー自身も気を配る面が多いだけに、操縦性が高いという点やジョッキーとのコンビ力も武器の1つとなります。そういった意味では、レースを重ねる毎に、その点がクリアされてきていると感じるアサヒにも魅了されます。

 またその一方で、反対にゲートや折り合い面など粗削りだけど能力はありそうで、そういった意味で馬券的に狙ってみたくなる馬も…。

 今回で言えば、アバンチュリエ。

 この馬、ゲートや折り合いを考えると、初コンビで1ハロンの距離延長は決して容易ではないと思えますが、そこを横山武史騎手がどうエスコートするのか? 期待も含めて注目しています。またキャリア1戦ゆえ、馬券的には危険な気もしますが、新馬で見せた瞬発力に良いものを感じたダノンベルーガの走りも気になります。

 それでは皆さん、日曜日はフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。

 ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。2000年には日本人女性騎手初の海外勝利を挙げ、01年6月に引退。 現在はホース・コラボレーターとして、フジテレビ系『みんなのKEIBA』などに出演。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング