スマートフォン版へ

【わたしの履歴書】今村聖奈騎手「3勝目をマーク! その素顔は…気持ちが強く、物怖じしない」――新人紹介2022

  • 2022年03月21日(月) 18時01分
馬ラエティBOX

▲JRA現役4人目の女性騎手の素顔とは? (撮影:大恵陽子)


昨年に引き続き、新人騎手の人となりを履歴書風にご紹介する「わたしの履歴書」。2022年の新人騎手10名は3月5日、6日にデビューし、新たな風を吹かせています。

そのうちの1人、今村聖奈騎手は父が元ジョッキーで、2001年中山大障害をユウフヨウホウで勝った今村康成調教助手。幼い頃から厩舎で馬と触れ合い、幼馴染である同期2人からの刺激も受けてジョッキーの道を歩みました。デビュー2週目に初勝利し、すでに3勝を挙げている、JRA現役4人目となる女性騎手の履歴書です。

(取材・構成=大恵陽子)

【出身地】


滋賀県です。

【経歴】


すごく活発で、毎日校庭でドッジボールとかをしていました。人と話すことも好きでした。同期の角田大河騎手とは親同士が交流があって、0歳の時に会っていたみたいで、小学1年生では同じクラスで最初の席替えで隣でした。同じく同期の大久保友雅騎手も幼馴染です。

【運動歴・乗馬歴】


体操とバレーボールをやっていました。小学生の時から今くらいの身長があったので、4年生の時に6年生に交じってバレーボールの試合に出させてもらっていました。「どこまで身長が伸びるんだろう?」と思っていたら、小学6年生から身長が変わりませんでした。

乗馬は栗東トレーニングセンターの乗馬苑で小学5年生から少年団に入っていました。その前に「少し馬に乗っておこう」と、小学4年生の2月くらいから別の乗馬クラブでも乗りました。外からはずっと見ていて、実際に乗ってみると「意外とそんなに高くないんだな」と感じました。

【志望動機】


小学6年生の時にジョッキーベイビーズに出場したのをきっかけに、競馬に乗って勝つことの嬉しさや、負けた時の悔しさを学びました。元々は「馬に携わる仕事に就きたい」という思いがあって、調教助手になりたかったんですけど、少年団でずっと一緒にやってきた幼馴染の角田大河騎手や大久保友雅騎手がジョッキーを目指すと聞いて、刺激を受けたのか私も目指すようになりました。

父は私が3歳くらいの頃から厩舎によく連れて行ってくれていたみたいで、いろんな厩舎の方が私の小さい頃を知っています。だから、みなさん「親心が出る」とおっしゃいます。父は家では馬の話をあまりしなかったんですけど、私が乗馬を始めてからは馬の話をたくさんするようになりました。

【趣味・特技】


趣味は、馬と戯れることです。時間さえあったら馬の写真を撮ったり、あくびしているところを動画に撮ったりしています。馬はいろんな表情をするんですよね。

特技はコレ! というのがあんまりなくて、これから見つけていきたいなと思います。

馬ラエティBOX

▲趣味は「馬と戯れること」という今村騎手 (提供:今村聖奈騎手)


【所属先】


栗東・寺島良厩舎

【所属先の紹介】


寺島先生はとても優しくて、私の意見も聞いてくださいますし、いろんな挑戦をさせてくださいます。重賞の追い切りなど大事な場面でも乗せてくださいました。

1年間の厩舎実習では、ジョッキー目線から学ぶこともできましたし、厩務員さん目線で馬と接することができたり、本当にいろんな経験をさせてもらって、様々な可能性を引き出してくださいました。

いまこうしてたくさんの厩舎の方々から乗せていただいているのも、先生がいろんな調教師の方に頭を下げてくださって、整った環境で迎えてくださるからこそで、先生には言葉にしきれないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。

厩舎スタッフの方もすごく可愛がってくださって、優しいです。同じ馬に乗って何度も上手くいかないことがあると、ヒントをくださいます。答えじゃなくてヒントなので、自分ですごく考えます。

デビュー1週目にたくさんチャンスのある馬を用意してくださったのに上手くいかなくても、厩舎のみなさんが常にポジティブに励ましてくださったので、私もそこまで気負わずに2週目も乗ることができました。

【自己PR】


初勝利の後はたくさんの人に「おめでとう」と声をかけていただき、恵まれているなと思いました。模擬レースでは「勝てるかな」と思っても最後の最後に差される、ということがあったので、最後まで油断禁物だなと思い追っていました。ゴールした瞬間は思わずブラビオに「ありがとう」と声をかけました。

たくさんレースに乗せてもらっている中で、1戦毎に自分の中で気持ちに余裕が出てきました。これからは、レースの中でどういったことが始まっているのかをもっともっと読んで、自分も周りの駆け引きに置いていかれないように頑張りたいなと思います。

また、乗せてくださっている厩舎関係者の方々、周りのスタッフの方々、そして馬に常に感謝の気持ちを持ってレースに向き合いたいなと思っています。

馬ラエティBOX

▲3/13の阪神8R、自厩舎のブラビオで初勝利 (C)netkeiba.com


馬ラエティBOX

▲デビュー2週目での初勝利にホッとした様子 (C)netkeiba.com


馬ラエティBOX

▲女性騎手の先輩・古川奈穂騎手も入っての記念撮影 (C)netkeiba.com


【本人希望記入欄】


師匠へ
どれだけたくさん失敗しても、いつでもチャンスを与えてくださって、ありがとうございます。まだまだ結果を出すことができていないのですが、これからも頑張りますのでよろしくお願いします。

ファンの方へ
今はコロナ禍という状況で、ファンの方々との交流があまりできない状況ですが、ファンの方々にいいパフォーマンスをたくさん見せられるよう頑張りますので、テレビなどで応援してください。

■師匠からの推薦文■
気持ちが強くて、肝が据わっています。デビュー週の10鞍(土日)も最後まで気持ちを途切れさせることなく乗っていました。物怖じせず、先輩たちにも積極的に聞きに行っています。その強い気持ちでこれから頑張ってほしいです。

馬ラエティBOX

▲「強い気持ちでこれから頑張ってほしい」師匠の言葉を胸に刻み… (C)netkeiba.com

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング