スマートフォン版へ

【ドバイ展望】逝去された大野オーナーに誓う ステラヴェローチェ&ヴェローチェオロで勝利を

  • 2022年03月22日(火) 18時02分
「Road to No.1」

▲6年ぶりのドバイ参戦、胸中は?(C)netkeiba.com


ステラヴェローチェ、ヴェローチェオロらを所有する大野剛嗣オーナーが、3月2日、闘病の末50歳で亡くなったと発表がありました。
「大野オーナーはミルコが好きだから…」と様々な厩舎から、オーナーの馬の騎乗依頼を受けていたミルコ騎手。中でも今回は、ドバイでの騎乗という特別なチャンスとなりました。レース目前、ミルコ騎手の決意に迫ります。

(取材・構成=森カオル)

6年ぶりの参戦、ドゥラメンテでのリベンジも


──いよいよ今週末はドバイワールドカップデー。参戦は6年ぶりですね。

ミルコ ドゥラメンテで行って以来ですね(2016年ドバイシーマクラシック2着)。ずっと行きたいと思っていたけど、めっちゃ間隔が空いてしまった。ようやく行けるからホントに楽しみです。

「Road to No.1」

▲前回はドゥラメンテとのコンビで惜しくも2着(撮影:高橋正和)


──パートナーであるステラヴェローチェ(ドバイシーマクラシック)とヴェローチェオロ(ドバイゴールドカップ)は、16日に無事現地に到着。そこまでステラには毎週のように調教で騎乗されていましたが、状態についてはどんな感触を得ていましたか?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
Road to No.1 世界一になる / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング