スマートフォン版へ

【森一馬×小牧加矢太×藤岡佑介】第3回『小牧太騎手がライバル心むき出しに!? …息子として恥ずかしい(苦笑)』

  • 2022年04月20日(水) 18時02分
with佑

▲障害ジョッキーズ対談、第3回!(撮影:桂伸也)


障害リーディングの森一馬騎手(29)と、馬術チャンピオンからジョッキーに転身した小牧加矢太騎手(25)をゲストにお迎えしての対談。

17日の福島で、騎乗馬の故障により加矢太騎手が落馬。幸い大事には至りませんでしたが、騎手の世界へ導いた父である小牧太騎手は「やっぱ怖いね…」と、自身の連載(「太論」4月19日配信分)で本音を吐露。

今回は、息子のデビューで太騎手にどんな変化があったのかを、佑介騎手と一馬騎手が証言。さらに、関係者も唸る、加矢太騎手の馬作りの技術についても掘り下げます。

(取材・構成=不破由妃子)

一馬「最初は気のせいかなと思っていたんですけど…」


──加矢太騎手は音無厩舎の所属となったわけですが、中学卒業後にJRAの騎手試験を受けた際も、受かっていたら音無厩舎に所属する可能性があったそうですね。

加矢太 はい。父経由でそういう話をもらっていました。今回、音無厩舎に所属させていただくことになったのは、本当にめぐり合わせで。試験を受けるとなったときに拠点としていたのがノーザンファームしがらきで、そのときに配属された厩舎に音無厩舎の馬も入っていたんです。

 そこで音無先生とたまたまお会いしたときに、「ジョッキーを目指すことになりました」とご挨拶させていただいて。そうしたら、「10年越しやけど、いつでも面倒見るから声かけてな」と言ってくださったんです。先生には、すごくよくしていただいています。

佑介 音無先生、加矢太くんに対してすごく熱心やなぁと思う。レース後は、真っ先にパトロールを見にきてるもんね。

加矢太 ご心配おかけしてしまって。僕が乗るとき、先生がソワソワされているのがわかります。ありがたいですよね。あとは親父も…。

佑介 小牧さんもめっちゃソワソワしてるよね。加矢太くんが落馬したレースでは、レース前には装鞍もして、放馬したらしたで馬の鞍を外しに行ってさ。「鞍、片付けておいたからー」ってお世話係みたいになってた(笑)。微笑ましい気持ちになったよ。

──佑介さんと森さんから見て、加矢太さんがデビューして以降、小牧さんの様子は変わりましたか?

佑介 息子のデビューを機に丸くなる人はいますけど、小牧さんはもともと尖っているところがないですからね。そういう意味では、まったく変化はないと思います。明らかにソワソワしてるけど(笑)。

──森さんはもともと、小牧さんとゴルフ仲間。

一馬 はい。一緒にゴルフに行かせてもらったりして、可愛がっていただいてます。でも、加矢太がデビューしてからはなんかこう…、僕に対する当たりが変わったというか。

 当たりというほど大きな変化ではないんですけど、今までは「お前、障害頑張ってるな」みたいな感じだったのが、加矢太がデビューしたことで、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング