スマートフォン版へ

【天皇賞・春予想】細江純子さんが出走予定10頭の馬体を診断!

  • 2022年04月25日(月) 18時01分
細江純子

▲「みんなのKEIBA」など競馬メディアで活躍を続ける細江純子さん(撮影:福井麻衣子)


ホース・コラボレーターとして「みんなのKEIBA」などに出演。パドック診断が好評な細江純子さんに天皇賞・春出走予定の有力馬10頭の馬体診断を行っていただきました。

アイアンバローズ

栗東・上村洋行 牡5


アイアンバローズ

▲4月20日撮影(c)netkeiba.com


 もともと見せる馬ですが、今回においてもカッコイイ体付きで迫力を感じます。余分な脂肪はなく、付くべきところに筋肉が付く、メリハリあるボディーに。東京コースでも勝利をしていますが、この体付きからは本質的に力を要する中山や阪神コース向きな気がします。あと、これは勝手な憶測ではありますが、気候的に寒い方がいいようにも。もちろん春の陽気の温かいのは大丈夫とは思うのですが、暑すぎるのはマイナスに働く気も…。よって当日の湿度&温度は見たいと思っています。

クレッシェンドラヴ

美浦・林徹 牡8


クレッシェンドラヴ

▲4月21日撮影(c)netkeiba.com


 8歳という年齢にしては、背中の状態からも若々しさは感じるのですが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。2000年には日本人女性騎手初の海外勝利を挙げ、01年6月に引退。 現在はホース・コラボレーターとして、フジテレビ系『みんなのKEIBA』などに出演。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング