スマートフォン版へ

「ウマ娘 プリティーダービー 4thイベント横浜公演 DAY1」潜入リポート【前編】

  • 2022年05月09日(月) 18時00分
馬ラエティBOX

▲「ウマ娘 プリティーダービー 4th EVENT SPECIAL DREAMERS!!」の様子(C)Cygames, Inc.


5月4日、横浜の「ぴあアリーナ MM」にて人気コンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』のライブイベント「ウマ娘 プリティーダービー 4th EVENT SPECIAL DREAMERS!!」横浜公演 DAY1が開催されました。

今回は、そのリポートの前編をお届けします。総勢25名の『ウマ娘』声優陣がファンの前でライブを披露するというファン待望のイベントは、どのような盛り上がりを見せたのでしょうか。

(取材・文=緒方きしん)

開演前から盛り上がるTwitterを眺めつつ…


『ウマ娘』の単独ライブイベントは、これまで2017年7月舞浜の1st EVENT、2018年10月幕張の2nd EVENT、2021年8月有明の3rd EVENTとあり、4th EVENTとなる今回は3月東京・5月横浜の2本立て。「ぴあアリーナ MM」といえば約12000人以上の収容人数を誇る施設です。

 早めの行動ということで13時ごろに会場近くの桜木町駅に着くと、16時半からのライブにもかかわらず街ではチラホラと『ウマ娘』グッズを身につけているファンとすれ違います。ただ、どうやらそのうち何人かは会場とは逆方向に歩いていくご様子。もしかすると、会場の間近で待つと道が混雑してしまうからでしょうか。筆者も場所の確認のためチラッとだけ会場のそばに行きましたが、まだライブが始まるような雰囲気ではなく至って和やか。「本当に今日でスケジュールあってる?」とやや不安になりつつも、ポスターに『ウマ娘』の文字があることをチェックして、一旦は会場から離れた場所に移動。

 カフェでTwitterをチェックすると、ライブを楽しみにしているファンの方々の声だけでなく、出演される声優の皆さんもそれぞれ期待や不安の入り混じったTweetを発信していて、一体感が高まり始めるとともに「やはりリアルでのイベント楽しいな!」とテンションが上がります。

 事前のメディカルチェックに加え、当日の検温なども済ませていよいよ入場すると、たくさんの観客が目に飛び込みます。いわゆる"トレーナー"さんだけではなく『ウマ娘』のコスチュームに身を包んだ方々もいて、感染症対策で会話を控えている場内でも視界が賑やかに。15時半には鈴木みのりさん(アグネスデジタル役)のTweetでグッズ売り切れが出始めていることを知りつつ、ドキドキと開始時刻を待ちます。

大観衆が織りなす芝生の演出に大感激!


 ライブ開始時刻になると登場した案内役・岡咲美保さん(桐生院葵役)のコールと共にファンファーレが鳴り響き、スクリーンには見覚えのあるシルエットが…!

 ステージが迫り上がると、数え切れないほどのウマ娘に扮した声優さんたちが決めポーズとともに登場。これは…フルゲートを超えています! 一度に本日"出走"予定の全員が登場するという豪華演出に、どこにどのウマ娘の声優さんがいるのか脳の処理が追いつきません。際立って華やかなポーズをとっていた徳井青空さん(テイエムオペラオー役)が目に飛び込んできますが、あとは雰囲気に圧倒されてどこから見れば良いやら…テンションだけが上がっていきます。さらにその勢いのまま、一曲目となる『We are DREAMERS!!』がスタート。篠原侑さん(カレンチャン役)、Machicoさん(トウカイテイオー役)の元気いっぱいの掛け声とともに、アップテンポな曲で一気に会場が熱気を帯びていきます。

馬ラエティBOX

▲本日"出走"予定の全員がいきなり登場! (C)Cygames, Inc.


『We are DREAMERS!!』を歌い終え、出走ウマ娘たちの意気込みを聞くコーナーに突入すると、各声優さんたちがそれぞれの役に入り込んでファンにメッセージを伝えていきます。メジロライアン役の土師亜文さんやナリタブライアン役の衣川里佳さんの力強い声に圧倒されつつ、マヤノトップガン役の星谷美緒さんのこんにちマヤヤー☆に癒されつつ、気がつけば心はトレセン学園に…! しかもファンがペンライト(ウマブレード)を緑にして振ることで、まるで会場全体が芝生のような爽やかさに包まれます。ここはやはり、トレセン学園なのか…!

 オーディション合格から約4年経って初めての観客前ライブという鈴木みのりさん(アグネスデジタル役)は、アグネスデジタル役らしく、ご自身の周りを囲むたくさんのウマ娘に大興奮! ライブ初出走のメンバーから常連メンバーまで、一人一人にちゃんと時間を取ってくれるのが、ファンとしては嬉しい限りです。会場のファンも拍手やペンライトで反応しながら大盛り上がり。

 そして声優さんたちが身を包むのは、今年3月にゲームでも実装された新衣装『ニュースターズ・ロゼ』。ゲーム内ではもう見慣れた衣装とは言え、リアルで見ると感慨深いものがあります。

 大和田仁美さん(スマートファルコン役)の掛け声と共に全員がその場でぐるりと回って衣装を披露。この衣装はキャラクターの個性にあわせてスカートの長さも違うというこだわりのもの。中にはパンツスタイルのものもあり、細部までご注目いただきたい衣装です!

 タイキシャトル役の大坪由佳さんの掛け声で、本日2曲目となる『RUN×RUN!』からライブパートが開始。まさにここからライブが本格的に「レッツスタート!」といったところ。こちらも「"準備"はできました!」という気持ちになります。ハルウララ役の首藤志奈さんやナイスネイチャ役の前田佳織里さんといった、度々ニュースを賑わせている話題の『ウマ娘』たちがキュートなダンスを披露していきます。

 続く『ENDLESS DREAM!!』ではメンバーが入れ替わり5人の声優さんたちが登場。イクノディクタス役の田澤茉純さんの再現度が高すぎて、ただでさえトレセン学園に迷い込んでいた心が、さらに学園の奥深くへと誘われます。ここでは各メンバー同士で顔を見つめ合う振付けが心に残りましたが、これは中村カンナさん(ナリタトップロード役)による提案なのだとか。

トークパートも競馬に衣装に大盛り上がり!


 序盤にぴったりのアップテンポな曲が続き、会場もあたたまってきましたが、一方で、座席を立ち上がったり大声をあげたりする観客がいないのも印象的でした。会話や声援の制限も含め、徹底したルールの遵守がされてこそ楽しいイベントになるというものですね! そして『ENDLESS DREAM!!』で篠原侑さん(カレンチャン役)からの生"お兄ちゃん"呼びの魅力に屈服したところで、次は橋本ちなみさん(ファインモーション役)らが歌う『青春が待ってる』へ。土師亜文さん(メジロライアン役)に、同じメジロ家であるメジロブライト役の大西綺華さんが解説席から声援を送ります。

『PRESENT MARCH』では出走ウマ娘たちがトロッコに乗り込み、観客に近い位置で歌とダンスを披露。本来であればスーパークリーク・ハルウララ・マチカネフクキタルで歌う曲ですが、新田ひよりさん(マチカネフクキタル役)はDAY2のみの出演のため、衣川里佳さん(ナリタブライアン役)が登場。一匹狼イメージのある役ですが、このキュートな曲にマッチした可愛らしい歌声を披露し、ライブならではの特別感あるひと幕となりました。『Enjoy and Join』もトロッコを駆使したパフォーマンスになりましたが、こちらは徳井青空さん(テイエムオペラオー役)と和多田美咲さん(メイショウドトウ役)が同じトロッコに乗り込み、名コンビっぷりを発揮します。ノリノリな曲を楽しんでいる徳井青空さん(テイエムオペラオー役)の笑顔が遠くからでも良く見えました。腕の伸ばし方がまさにウマ娘のテイエムオペラオーそのもの!

 序盤の6曲を歌い終えると、トークパートでは吉咲みゆさん(ハッピーミーク役)と岡咲美保さん(桐生院葵役)の絡みも見られて癒しムードに。春競馬に言及した時には、声優さんや観客からも反応があり、実際の競馬との繋がりも感じられます。

 大注目は、ポニーテールの前田佳織里さん(ナイスネイチャ役)。ゲームの新衣装でチアガールに扮したナイスネイチャをイメージした髪型で、ファンにそのポニーテールを見せるためグルグルと回ってくれるというサービスも。その愛くるしさに、他の声優さんから歓声があがります。そして同じく髪型に目が吸い寄せられたのが、星谷美緒さん(マヤノトップガン役)。最近の活動として映画『トップガン マーヴェリック』の宣伝パイロットとしての活躍に触れていましたが、そのロングエクステでウマ娘のマヤノトップガンとシルエットが完全一致…! 再現度の高さに脱帽でした。

 Machicoさん(トウカイテイオー役)は、ネットでも話題となったNHK・皐月賞中継の副音声出演を振り返り。その日のテーマである《競馬をこれから知る方にもより身近に感じてもらえるようなわかりやすい競馬》に沿って、馬具の話やパドックの注目ポイントなどに触れたのだとか。さすがの貢献度です。

テイエムオペラオー役の徳井青空さんがカッコイイ!


 ライブパートに戻って1曲目は『ユメヲカケル!』。曲の導入部で前田佳織里さん(ナイスネイチャ役)と田澤茉純さん(イクノディクタス役)のキュートな絡みが見られて大満足なわけですが、改めて、田澤さんがウマ娘・イクノディクタスそのものにしか見えずに混乱しそうになります。もしかしてここはゲームの世界でしょうか。当然ながら声は同じですから、なおさら混乱します。同曲ではMachicoさん(トウカイテイオー役)と矢野妃菜喜さん(キタサンブラック役)の絡みも必見。しっかりとバトンを受け継いだのだと感じさせるセリフに、思わず涙腺が…。

『BLOW my GALE』はそれまでのキュートな曲から雰囲気が一変。炎が噴き出す中、徳井青空さん(テイエムオペラオー役)たちがカッコいいダンスを力強く披露します。ここではライブ会場のペンライトも赤一色に。感染症対策で掛け声などがないにもかかわらず、ペンライトだけで十分に会場が一体となった気がしました。それにしても観客の皆さん、どの方もペンライトの切り替えや振り付けなど慣れていらっしゃいます。

 こういったスタイリッシュな曲になると、徳井青空さん(テイエムオペラオー役)や衣川里佳さん(ナリタブライアン役)はイメージ通りの素敵なパフォーマンスをしてくれるわけですが、鈴木みのりさん(アグネスデジタル)も可愛らしい雰囲気だったトークパートとはガラリと変わってカッコ良く魅せてくれました。そのギャップにドキリとします。

 赤いペンライトで埋まった会場でしたが、『Never Looking Back』が流れ始めるとすぐに青一色に染まります。それも、4階席までびっしりとです。なかなか壮観な眺めでした。そんなクールな曲調を橋本ちなみさん(ファインモーション役)たちが熱唱。『本能スピード』も引き続きクール系の曲調ですが、こちらは紫や青のレーザーが幾何学的に飛び交い、会場を近未来的な雰囲気で包みます。貴重な河井晴菜さん(ニシノフラワー役)による『本能スピード』の歌声に感激したファンも多かったのではないでしょうか。

馬ラエティBOX

▲様々な色のレーザーが飛び交う会場(C)Cygames, Inc.


『Make debut!』はイントロからテンションがあがる一曲ですが、白砂沙帆さん(リトルココン役)・島田愛野さん(ビターグラッセ役)という新鮮なメンバーも参加していたことで新たな魅力を再発見。トロッコ2台によるパフォーマンスも圧巻でした! 大西綺華さん(メジロブライト役)はトロッコ初体験だったそうですが、ファンサービスをしている笑顔にはそんなことを微塵も感じさせずむしろ余裕さえ漂っていて、さすがのプロ意識を感じます。

 続く『逃げ切りっ!Fallin’ Love』では、イレギュラーなメンバーが大活躍。この曲といえばスピンオフ漫画『うまよん』でもお馴染みの逃げ切りシスターズ(スマートファルコン・サイレンススズカ・ミホノブルボン・アイネスフウジン・マルゼンスキー)たちが思い浮かびますが、今回のDAY1にはその5人のうちリーダーであるスマートファルコン役・大和田仁美さんがいるのみ。かわりに抜擢された中村カンナさん(ナリタトップロード役)らが、表情豊かなパフォーマンスで「逃げ切り! 逃げ切れ!」と明るく熱唱しました。

(後編へつづく)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング