スマートフォン版へ

【オークス予想】オークスは末脚が発揮しやすいトラックバイアス

  • 2022年05月17日(火) 18時00分
馬場虎太郎

昨年はユーバーレーベンが優勝(c)netkeiba.com、撮影:下野雄規


馬場虎太郎が勝負レース予想をウマい馬券にて公開!殿堂入り予想家としてオークスで渾身の印を打つ!こちらからご覧いただけます

 2012年以降のオークスは、馬場コンディション「稍軽い〜軽い」の間で行われている。

 勝ち馬10頭のうち7頭が上がり1位。連対した20頭のうち19頭が上がり5位以内。3着内に好走した30頭のなかで上がり6位以下だった馬は5頭しかいないことからも、直線の伸びが重要なレース。

 昨年のオークスもトラックバイアスは「 ・超差し有利」と判定。勝ったユーバーレーベンは二桁位置取り。16番人気の超人気薄で3着のハギノピリナは道中で最後方付近を追走。先行していた断然人気のソダシは8着に凡走した。

 今開催の東京芝は雨の影響をうけた開催日が多く、重賞に関しては軽めの馬場コンディションで行われたレースがほぼないものの、馬場コンディションが「稍軽い」だったNHKマイルCはトラックバイアス「外有利・差し有利」と判定。最低人気で3着のカワキタレブリーは最初のコーナーを15番手通過から追い込んできた。

 今週も週中、週末とスッキリしない天気予報になっているが、先週に比べれば雨量は少ないだろう。

 路盤の状態としては引き続き良好。当日が雨のなかでの開催とならない限りは今年のオークスも「稍軽い〜軽い」の馬場コンディションで行われるだろう。例年有利な後方待機馬を狙いたい。

 プレサージュリフトの前走桜花賞はトラックバイアス「内有利・前有利」。先行、内を通った馬が恵まれたレース。外枠から出遅れて、最後方追走では厳しかったが、直線でしっかりと脚は使えていた。

馬場虎太郎

直線でしっかりと脚を使えるプレサージュリフトに注目(c)netkeiba.com、撮影:下野雄規


 デビュー以来、ゲートから道中、フットワークの大きさを含め不器用さが際立ち、今回も後方位置取りになるだろうが、末脚は確実。器用さは問われず、末脚の伸びが問われるこのレースでの巻き返しが期待できる。

殿堂入り予想家となった馬場虎太郎のオークスの予想はレース当日までにウマい馬券で公開!


馬場氏を含む殿堂入り予想家の無料コラムも公開しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

トラックバイアス(馬場の偏り)を利用した馬券術を用いる馬場分析のプロフェッショナル。JRA発表の馬場状態ではなく独自の指標(※)を用いて真の馬場適性を分析、またパトロールビデオと綿密なデータ分析によって「トラックバイアスの不利」を受けた馬を導き出す。 ※「軽い」「稍軽い」「標準」「稍重い」「重い」の5段階で馬場状態を評価

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング