スマートフォン版へ

【日本ダービー】東西のスポーツ紙記者が今年のダービーを予想!「最初は△くらいのつもりでしたけど、いまは○対抗を打ちたいくらい」【前編】

  • アプリ限定
  • 2022年05月26日(木) 12時01分
馬ラエティBOX

▲東スポ藤井記者(左上)、デイリー井上記者(右上)、スポニチ新谷記者(左下)、報知山本記者(右下)が登場!


いよいよ今週末に迫った第89回日本ダービー。3歳馬の頂上決戦に胸躍らせる日々ですが、この世代のGIはここまで3レースとも異なる勝ち馬で、混戦ともハイレベルとも言われています。そうなると予想も一筋縄ではいかなさそう。そこで、予想のヒントを得るため、スポーツ紙の記者たちによるリモート座談会を開催。現場を知り尽くす記者同士の会話からは思わず「僕もそれを買いたくなりました」という本音がポロリ。前編・後編にわけてたっぷりお届けする内容をぜひ馬券検討にお役立てください。

(進行:大恵陽子)

ダービーは人気上位馬のボックスで万馬券!?


──今日はお集まりいただきありがとうございます。まずは自己紹介からお願いします。

藤井 東京スポーツで美浦トレセンを担当している藤井真俊です。取材の感触をベースに予想をしていて、美浦のジョッキーほとんどと取材を通して親交があります。

井上 デイリースポーツの井上達也です。栗東担当で、福永祐一騎手、藤岡康太騎手、鮫島克駿騎手らの取材情報は馬券の役に立っているかなと思います。過去のレース映像を見て自分なりに分析した内容をジョッキーや厩舎関係者に取材し、合致していれば厚い印を打つというのが主なスタイルです。

新谷 スポーツニッポン栗東担当の新谷尚太です。元々は専門紙の競馬ニホンで時計班にいて、スポニチでは厩舎取材をメインに担当しています。調教時計を見ていると調子のいい馬を見つけられるので、時計班の経験を生かした予想をしています。

山本 スポーツ報知で栗東を担当している山本武志です。井上さんに比べるとジョッキーよりも調教師に取材することが多くて、友道康夫調教師や矢作芳人調教師は昔から仲良くさせていただいています。取材の感触を基に予想をするんですけど、こういった厩舎は調教師が「面白味がある」と話すと人気をしてしまって、めっきり穴馬がいなくなりました(苦笑)。そんな中でも人気の盲点を探していければいいなと思っています。

──4人でダービーの予想をしていきたいのですが、まずはダービーの傾向などを教えていただけますか。

井上 人気馬同士の決着でも3連単が万馬券になりやすいイメージですね。有馬記念とダービーだけは買うというファンもいらっしゃるので、票が他の馬に流れて人気が割れやすいのかな、と思います。ダービーを買う競馬初心者の方には「人気上位4頭の3連単ボックスを買っておけば、万馬券が当たりやすいですよ」とオススメしています。

藤井 おっ! 買ってみようかな。

新谷 僕は3歳のこの時期は距離適性を度外視して、能力の高い馬が勝つのがダービーだと思っています。それと、ダービーだけは絶対に内枠が外せないですね。

──ダービー週から内側の柵が外に移動されるので、内ラチ沿いでも馬場が比較的綺麗ですよね。

井上 今年のGIではトラックバイアスがよく表れています。高松宮記念は内が圧倒的に有利で、皐月賞は外が有利。その日の馬場読みは非常に大事なのかなと感じています。

山本 僕は皐月賞組から選ぶ傾向が強い気がします。皐月賞を使えたということは、ここまで順調にこられたということだと思うので、別ローテーション組よりは重視します。

藤井 2008年にディープスカイが勝った時の2着・スマイルジャック(12番人気)を本命にしていたんですけど、皐月賞で明確な敗因があったのでダービーで巻き返せるんじゃないかと思っていました。

ジオグリフの状態の良さに、思わず印をアップ


──では皐月賞組の評価から聞いていきましょう。まずは皐月賞馬ジオグリフはどうですか?

つづきはnetkeiba公式アプリ(無料)でお読みいただけます。

  • iOS版 Appstore バーコード
  • Android版 googleplay バーコード

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング