スマートフォン版へ

【日本ダービー】東西のスポーツ紙記者が今年のダービーを予想! 有力馬の考察から思わぬ穴馬まで飛び出す!【後編】

  • アプリ限定
  • 2022年05月27日(金) 12時01分
馬ラエティBOX

▲東スポ藤井記者(左上)、デイリー井上記者(右上)、スポニチ新谷記者(左下)、報知山本記者(右下)が登場するリモート座談会後編!


いよいよ今週末に迫った第89回日本ダービー。3歳馬の頂上決戦に胸躍らせる日々ですが、この世代のGIはここまで3レースとも異なる勝ち馬で、混戦ともハイレベルとも言われています。そうなると予想も一筋縄ではいかなさそう。そこで、予想のヒントを得るため、スポーツ紙の記者たちによるリモート座談会を開催。

後編では各記者の本命候補、や有力各馬の評価、さらには早くも来年のダービーを見据えたPOG情報まで濃い内容でお届けします。

(進行:大恵陽子)

皐月賞2桁着順の馬を有力視する記者が2人も!


──前編では皐月賞馬ジオグリフの状態が予想以上にいい、という話で盛り上がりました。後編では記者のみなさんが有力視している馬を伺っていきたいと思います。

※枠順や天候、当日の馬場状態などにより予想は変わる可能性があります。

藤井 やっぱりイクイノックスです。皐月賞は昨年11月の東スポ杯2歳S以来のレースで、それまでの皐月賞勝ち馬の最長間隔記録はコントレイルやサートゥルナーリアのホープフルS組(前年12月28日施行)。正直、厳しいかなと思っていました。ただ、イクイノックスは体質的にまだ強くなくて、回復に時間がかかるという理由で皐月賞直行を選んだので、おそらく陣営はダービーで最もいい状態に持っていくことが狙いだったと思います。そういった中、皐月賞は大外枠で前に馬を置けずに外々を回る形になりながらも勝ち馬から0.1秒差の2着ですから、上積みは相当あると思っています。1週前追い切りに乗ったクリストフ・ルメール騎手も木村調教師も「馬が良くなっている」と話していました。皐月賞では「もしこの感じで上位に入着するなら、ダービーでは手のひらを返します」と各所で言っていて、宣言通りに手のひらを返します(笑)。

馬ラエティBOX

▲皐月賞は約5カ月の間隔でも2着と好走したイクイノックス(撮影:下野雄規)


井上 僕はマテンロウレオです。前編では「上位人気馬を買ったらダービーは儲かる」と言いながら穴馬を(笑)。

新谷 井上さんに乗って、人気上位馬のボックスを買おうと思っていました。

井上 選んだ理由は、前走がほぼ直線だけの競馬で、上がり3Fが33.9秒だったことです。皐月賞は、ペースが速くなると思った組と遅くなると考えた組で明暗を分けたと思っていて、ペースが流れないだろうと思った福永騎手(ジオグリフ)やルメール騎手(イクイノックス)が外枠から上手く運んで1、2着と正解だったんですけど、後方からレースをした組で際立った脚を使ったのがマテンロウレオでした。

馬ラエティBOX

▲皐月賞では最後方から上がり2位の末脚を繰り出したマテンロウレオ(C)netkeiba.com


──騎乗した横山典弘騎手に井上記者は最近よく取材されるそうですが、何か話していましたか?

つづきはnetkeiba公式アプリ(無料)でお読みいただけます。

  • iOS版 Appstore バーコード
  • Android版 googleplay バーコード

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング