スマートフォン版へ

【日本ダービー】ドウデュースは勝ち負け必至!「左回りの方が得意なのではないか」 #NFしがらき直行便

  • 2022年05月27日(金) 18時02分
G1ドキュメント” style=

▲今週末世代の頂点へ挑むドウデュース(C)netkeiba.com


ノーザンファームしがらきが管理をサポートする有力馬について、松本康宏場長にお話をうかがう当コーナー。今回は昨年の朝日杯FS覇者であり、皐月賞からの巻き返しを図るドウデュースについてインタビューしました。

(取材・文=netkeiba編集部)

皐月賞のときはこれ以上ないくらいに見えた。その状態を維持していれば十分勝ち負けできる


──前走(皐月賞3着)を振り返って。

松本 レース自体は、中山競馬場に行かせていただいて、松島オーナーの横で一緒に観戦したんですけど、多少位置取りが後ろになってしまったなという話はしてたんですが、4コーナー回るときの手応えが非常に良くて、あそこからでも届きそうな勢いだったんですけど、結果的に3着で届かずというところで。ただ競馬の内容としては後ろのポジションになったが、終いはしっかり脚を使えてましたし、折り合いも十分ついていたので、これならダービーはもっといい競馬ができるんじゃないかという期待が持てるレースだったかなと思います。

──武豊騎手からはどんなコメントが?

松本 武豊騎手のエージェントから聞いた話なんですけど、レース自体はちょっとポジションが、流れの中で思ったよりも後ろになってしまったと。状態は非常に良かったので、結果的に3着というのは残念だったが、折り合い面であったり、終いのしっかりとした脚という点に関しては、ダービーに向けて視界が良好かなという話は聞いています。

──友道調教師はどのように話されていましたか?

松本 友道先生も凄く状態は良かったので、結果的として3着というのは残念だったんですけど、レース後の状態としても弥生賞のときよりもダメージは少なかったみたいで、凄く回復も早く、次への立ち上げも早めにできることが可能だったので、レースとしては良かったのかなとは言っていました。

G1ドキュメント” style=

▲ダービーへの立ち上げも早くすることができた(撮影:井内利彰)


──弥生賞のレース後より反動が少なかった理由は?

松本 恐らく弥生賞自体はある程度仕上がりも途上というか、前哨戦という部分でもあったし、競馬としても比較的前目で前半からしっかりと競馬をしたというところもあったので、そういったことで走ったことの多少の反動というか疲れが見えたみたいです。

──武豊騎手は「いい状態で安定している」とコメント。

松本 そうですね、友道調教師からも武豊騎手からもそういうコメントをいただいていますし、凄く馬がいい状態で凄く安定しているということは強調されていましたし、本当に皐月賞のパドックのときに一番良く、これ以上ないかなというくらいに見えたので、その点については、もしかしたらレース後に仕上がりきった中で、ガクッと体調が落ちたりしないかなという懸念はあったんですけど、そういった面は一切ないという話だったので、あの状態を維持しているのであれば、十分勝ち負けできる状態なのかなと思います。

──逆に「ここは変わった」という部分はありますか?

松本 特に大きな問題もなく順調に来れたという点が一番大きいのと、友道調教師は前より少し胴が長くなったのかなということは仰っていましたけど、僕自身今回のダービー含めて3戦の間(しがらきに)戻ってきていない部分もあったので、変化という面でははっきりとわからないんですけど、皐月賞のときは凄くいい状態だなというのは感じていました。

──東京替わりとなります。左回りなどへの対応は?

松本 調教師も騎手も以前そういったことを話していましたし、実際朝日杯FSを勝ったときは、やっぱり小回り適性があるのかなというところで、ああいう強い勝ち方をして、広いコースもこなせるんだというふうに再認識したところでありますし、弥生賞、皐月賞を見ても特に大きいコースが不利になるような印象は受けないので、いいんじゃないかなと思います。

 むしろ前から友道調教師も話してましたけど、右手前を好む馬なので、左回りの競馬の方が、最後の直線で右手前にスッと出せれて、終いにしっかりとした脚を使えるんじゃないかということもありますし、もしかしたら左回りの方が得意なのではないかなと思っています。

G1ドキュメント” style=

▲ドウデュースは左回りの方が得意かもしれない(撮影:小金井邦祥)


──友道厩舎はダービーを2勝。どんな理由が考えられますか?

松本 実績があるので、そういうノウハウもあると思いますし、そういったところを期待されて、芝の中長距離に適した血統背景の馬が多く在籍しているというのもあると思います。

──調教スタイルに特徴はありますか?

松本 一週前にはしっかりとCウッドでやれる馬はやって、レースの週は坂路で確認程度、サラッと流すというのが、一番馬の状態がいいパターンなのかなとは個人的には思っています。

──先の話になりますが、凱旋門賞にも登録しました。

松本 こればっかりは馬場適性もそうですし、競馬当日の馬場もそうですけど、やってみないとわからないという部分はあります。ただ去年、夏の小倉でデビューしてからどんどん馬がよくなっている段階で、今も進化をしているような感じも見受けられますし、いつ完成されるのかはわからないですけど、3歳の秋に凱旋門賞に挑戦することは、斤量面でいうと凄く有利な感じがするので、そういう面では非常に楽しみかなと思います。

──いよいよダービーです。今のお気持ちをお聞かせ下さい。

松本 ダービーは当然ワクワクもしますし、勝ちたい。ノーザンファームの馬を買ってくださる方や応援してくださる方、あとはノーザンファームの全社員含めて、目標にしていたりもしますし、そこに1頭でも多く出走させるというのも目標であって、やっぱりその中から勝ち馬を出したいというのは当然思っていますし、結果として出せたら凄く光栄だし、嬉しいなと思っています。応援よろしくお願いします。


(文中敬称略)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング