スマートフォン版へ

【ユーザー質問】幼い頃からジョッキーになるのは夢だった? ミルコ騎手幼少時代のヤンチャエピソード

  • 2022年06月07日(火) 18時02分
“ミルコレビュー”

▲今回は幼い頃のミルコ騎手に迫ります(撮影:桂伸也)


今週はユーザーの皆さんからの質問にお答えします。幼い頃から馬が大好きだったというミルコ騎手、その時期からジョッキーになりたい気持ちはあったのでしょうか? しかし、あるとき馬と距離を置いた期間もあったそうで…。そんなミルコ騎手の幼少時代を深掘りしていきます!

(取材・構成=森カオル)

Q「ミルコ騎手、こんにちは! ミルコ騎手のことをもっともっと知りたいと思い、毎週コラムを読んでいます。質問ですが、ミルコ騎手のなかで一番古い馬との思い出は何歳の頃のどんな思い出ですか? 物心がついたときからジョッキーになることは夢だったのですか?」(ヨッシーさん)


ミルコ 一番古い思い出……あ、3歳の頃、馬に乗ったまま階段から落ちた!

──馬に乗ったまま!? それってどういうシチュエーションですか?

ミルコ おもちゃの馬です(笑)。ロディっていうプラスチック製の馬のおもちゃ。ロディに乗ったまま、階段からゴロゴロゴロって落ちた(苦笑)。お母さん、めっちゃ心配してパニックになっていたけど、なぜかケガしなかったね。

──まさかの無傷(苦笑)。そのときの記憶があるのですか?

ミルコ 落ちたときのことは覚えてます。本物の馬に乗ったのも、3歳くらいのときじゃないかな。お父さんが厩舎に連れて行ってくれて、お父さんに抱っこされた状態で乗せてもらった。6歳の頃には、隣でお父さんに引っ張ってもらいながらひとりで乗ってたね。その頃は、厩舎に行きたくて行きたくてたまらなかった。でもお父さん、全然連れて行ってくれなくて。

──それはなぜですか? やはり危ないから?

ミルコ そうです。馬は危ないからってすごく心配して。僕、5歳くらいまで夜が怖くて、お父さんとお母さんのあいだに寝てたんだけど、お父さんが勝手に起きて厩舎に行かないように、首のチェーンに捕まりながら寝てた。絶対に置いていかれたくなかったから。

──子供ながら、必死だったんですね(笑)。

ミルコ そうです。それくらい厩舎に行きたかったし、馬に触りたかった。でもお父さん、僕の手をそーっとチェーンから離して、いつもひとりで出掛けちゃって。そういうときは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
Road to No.1 世界一になる / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング