スマートフォン版へ

【ユーザー質問】「あなた、ミルコほど勝ってないでしょ!」波瀾万丈の新人時代、ミルコ騎手の天才ぶりが明らかに…。

  • 2022年07月05日(火) 18時02分
“ミルコレビュー”

▲ミルコ騎手の新人時代に迫ります(撮影:桂伸也)


今週はユーザーの皆さんからの質問にお答えします。以前、ミルコ騎手に幼少時代のエピソードを語っていただきましたが、今回は新人騎手としてデビューした頃のエピソードに迫ります。15歳でジョッキーになったというミルコ騎手、デビューした当初は体重が軽く、周りから「アイツは下手くそだ」と言われていたそう…。

しかし、そこからわずか3ヶ月で軌道に乗り見習い騎手でトップに立つと、今度は周りから妬みを受けることに。現場では周りの人と喧嘩、家ではお父さんと喧嘩、そんな波瀾万丈なエピソードからミルコ騎手の天才ぶりが明らかになります。

(取材・構成=森カオル)

Q「ミルコ騎手は若くしてイタリアのトップジョッキーになったそうですが、下積みみたいな期間はあったのですか? ミルコ騎手の新人時代のエピソードが知りたい!」(ベヒーモスさん)


ミルコ 14歳から厩舎で働き始めて、15歳にはもうジョッキーになっていたから、下積みという下積み期間はなかったかな。

──そもそもミルコ騎手の時代は、競馬学校のような機関がなかったんでしたっけ?

ミルコ なかったし、僕は乗馬クラブすら行ってない。いきなり競走馬からのスタートですね。最初はめちゃめちゃ大きな厩舎に入ったんだけど、そこにはすごく上手な見習いジョッキーがいて、僕、この厩舎では絶対に乗せてもらえないと思った。だから、もっと小さな厩舎に移りました。馬は15頭くらいしかいなかったけど、厩舎の人たちが「全部乗せてあげる」って言ってくれてね。僕のお父さんのことをみんなリスペクトしてくれていたから、デムーロの息子ということですごく大事にしてくれたし、一生懸命に育ててくれました。

──技術のベースは、その厩舎で培ったんですね。

ミルコ 調教師とか先輩ジョッキーがいろいろ教えてくれたし、絶対にジョッキーになりたい、絶対に誰にも負けたくないと思っていたから、いろんな競走を見て、いろんなジョッキーの乗り方を見て、僕自身もすごく勉強したね。でもね、デビューしてみたら最初は全然ダメだった。

──でも、2年目には見習いリーディングを獲ったのでは?

ミルコ そうだけど…。全然自信がなかった。なんていうのか、馬に乗っていても夢のなかにいるみたいな、まだ目覚めていないような感じで。どんな世界かもわからないまま、アッという間に競馬に乗るようになって、最初は全然思ったように乗れなかったし、全然勝てなかった。デビューした頃なんて、みんなに「下手クソ!」って言われてた。僕ね、15歳の頃は38キロくらいしかなかったの。

──38キロ!

ミルコ そう。僕のような体重の人はいなかった。だから、馬に思いっ切り持って行かれて、返し馬から止まらなくなって。「アイツは下手くそだ」ってみんな言ってました。めっちゃ悔しかった。

──風向きが変わってきたのはいつ頃ですか?

ミルコ ん〜、デビューして3カ月くらい経った頃かな。やっぱり

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
Road to No.1 世界一になる / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング