スマートフォン版へ

今年最初の重賞騎乗は中京記念! 5年ぶりのコンビ復活レインボーフラッグは「地力のある馬」

  • 2022年07月19日(火) 18時01分
太論

▲デビュー当初は小牧太騎手とコンビを組み毎日杯にも挑戦したレインボーフラッグ(ユーザー提供:かたこるさん)


先週は久々に園田の交流に参戦した小牧騎手ですが、スタートで躓いたこともあって2着惜敗(ワンダーブレット)。言葉に後悔を滲ませる小牧騎手ですが、久々に古巣の仲間たちとの交流を楽しみ、素敵な時間を過ごしたようです。さて、今週末は久々に重賞騎乗が決定! パートナーは、デビュー当時にコンビを組んでいたレインボーフラッグ。ベテランコンビの底力に注目です!

(取材・文:不破由妃子)

※このインタビューは電話取材で実施しました。

一度使って想像以上に変化、次はもっと走れる!


──ワンダーブレットで参戦した神鍋山特別(7月13日・園田10R)は2着。最後まで勝ち馬に食らいつきましたが…。

小牧 スタートでちょっと躓いてしまった。あれがなかったら、もっと際どい勝負ができたと思う。よう頑張ってくれたんやけどね。

──扉が開く寸前まで、ゲートのなかでそわそわしていましたね。

小牧 うん、あの日はいつになく落ち着きがなかった。いつもは一完歩目が遅いだけやのに。

──躓いた瞬間、小牧さんも「あぁ…」という感じだったのでは?

小牧 まぁ…そうやね。でも、そのあと立ち直ってくれたからね。

──4コーナーを回ってくるときの小牧さんの気迫たるや、すごいものがありました。

小牧 外からきていたからね。交わされたらもうダメやなと思いながら、僕も必死やったわ。前も止まりそうな気がしていたんだけどなぁ…。馬は最後まで本当に頑張ってくれたよ。

──久しぶりの園田はいかがでしたか?

小牧 久しぶりに懐かしい人たちに会えたし、いろいろ話せたからよかったよ。まぁ後輩のほとんどは、調教師になっているんやけど(苦笑)。加矢太のこととか、いろいろ喋ったわ。そういえば、今週の水曜日も交流に行くよ。

──今週のパートナーは?

小牧 服部厩舎のウイングブラボー。今週は名古屋です(7月20日・名古屋10R・名古屋CCマスカット賞)。チャンスはあると思うよ。おもしろいと思う。

──さて、土曜日の競馬ですが、フチサンメルチャン(7月16日・小倉10R・糸島特別)はまさかのシンガリ負け…。ベストの舞台だったんですけどねぇ。

小牧 めずらしくスタートが悪かった。あんなことは初めてやね。ゲートのなかで頭を上げたでしょ?

──ゲートが開く前、頭を上げて鼻面をゲートにくっつけるような仕草をしていましたね。

小牧 そうやねん。今回も含め、休み明けはいつもイレ込むタイプやけど、それでもスタートは決まる。だから余計に今回はショックやったわ。しかも1000mだけに、競馬にならんかった。

──競馬にならなかったというのは?

小牧 位置取りも悪いし、外もあんまり回りたくないんやけど、回らざるを得なかったしね。ペースも遅くなったでしょ。あのペースでは、脚も使えんかった。なかなかこの条件はないからねぇ、ガックリきたわ。

──エイヨーチャクラの2戦目は8着(7月16日・小倉1R・2歳未勝利)。前進ありましたね。
小牧 思った以上に頑張ったね。一度使って、想像以上にコロッと変わったわ。あれだけ行き切れるとは思わんかった。初戦で仕掛けていったのが効いてるね。

──なるほど。そうやって2戦目につながっていくんですね。

小牧 うん。たぶん次はもっと走るわ。九州産限定のレースはまだあるし、次にどんな競馬ができるか、そこが試金石やね。そうそう、今週は中京記念でレインボーフラッグに乗るよ。

──久々の重賞!

小牧 久しぶりやねぇ。デビュー当初はずっと僕が乗っていたから、それもあって頼んでくれたんやと思う。52キロに乗るのは久々やけど、頭数がいないから頑張りますわ。最近はもうひとつの成績やけど、地力のある馬やからね。

太論

▲デビュー戦を小牧太騎手騎乗で勝利したレインボーフラッグ(c)netkeiba.com


──競馬は何が起こるかわかりませんよ。52キロとなると、いつもより早く体重調整に入る感じですか?

小牧 そうやね。今からちょっと胃が痛い…(苦笑)。でも、この季節は痩せやすいから助かるわ。とにかく万全の体調で迎えられるように頑張るだけです。

──では、最後にひとつ、ユーザーからの質問です。「引退した調教師の先生は解説やコラムなどでお見掛けすることも多いですが、橋口弘次郎先生は表に出てこられないようですね。お元気なのでしょうか? 小牧騎手はときどき連絡を取ったりしているのですか?」。

小牧 橋口先生、スポーツ報知でコラムはやってるよ。それに、たまにやけど、連絡は取ってます。電話ではなくて、ほとんどがメールやね。加矢太が騎手試験に受かったときも、「おめでとう」とメッセージをくださって。先生は音無先生と友道先生と仲が良かったから、僕からも「よろしくお伝えください」とか頼んだりね。「わかった!」って返事をもらいました。気にしてくれているみたいやからね。ホンマにありがたい。

──小牧さんご自身への言葉は?

小牧 「だいぶベテランになったけど、頑張れよ」って。その一言だけでもね、見てくれているんやなぁと思えるし、「頑張らな!」という気持ちになるよ。

(文中敬称略)
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング