スマートフォン版へ

【ユーザー質問】「最近はちょっとつらいときもあって…」ファンサービスについてミルコ騎手が話す本音

  • 2022年09月20日(火) 18時02分
“ミルコレビュー”

▲ファンサービスについて最近思うことがあるそう(撮影:桂伸也)


時速60〜70kmで走るといわれる競走馬の上で、ムチを使ったり馬をコントロールするのにはとてつもない体幹が必要です。ミルコ騎手は家にある木馬で日々バランス感覚を鍛えるトレーニングをしているそうですが、そこへのこだわりにはアメリカで影響を受けたジョッキーたちの存在が大きいんだとか。

さらに、プライベートでのファンサービスについて。「すごくうれしい」と感謝を述べる一方で最近少し思うことがあるそうで…。今回はそんなミルコ騎手の本音が伺える質問にお答えします。

(取材・構成=森カオル)

Q「ミルコ騎手、こんにちは。いつも応援しています! 僕は、直線でムチを入れながら追っているときのミルコ騎手のフォームが大好きです。上半身は動いていても、下半身はピタッと固定されていて、ものすごいバランス感覚だなと思っているのですが、そういったバランス感覚を鍛えるために、やはり継続的に特別なトレーニングをしているのでしょうか」(Akashi0412さん)


ミルコ おうちの地下にトレーニング用のマシンをいくつか置いてあるんだけど、そこに木馬もあって、それにいっぱい乗ってます!
──いっぱいとはどれくらいですか?

ミルコ 週に2回くらい、乗り出したら30分は乗っているかな。それは昔からずーっと続けてきたこと。僕のなかで特別なトレーニングという意識はなくて、当たり前な感じ。

──ひとりで黙々と。

ミルコ そうです。ムチを持ち替えてみたり、いろいろと確認しながら乗ってます。いい運動にもなるし、いい練習にもなるからね。これはね、ジョッキーでいる限り、ずーっと続けていくと思う。

──正解のない世界ではありますが、確かにミルコさん、ムチを入れながら激しく追っても下半身がまったくブレない印象があります。そのあたりにはこだわりが?

ミルコ だいぶ昔だけど、アメリカに乗りに行っていたときに

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
Road to No.1 世界一になる / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング