スマートフォン版へ

岡田牧雄氏の言葉に

  • 2022年10月14日(金) 12時00分

秋華賞の注目馬


 長年、感じてきたことではあるのですが、先週においては、あまりにも露骨すぎるというか…理不尽すぎる世界に、少し競馬に携わっていくのが辛くなってしまう状況に…。

 そんな中、まったく別のことではあるのですが、週中のサンスポを読んでいて心が救われる気持ちになったのは、タイトルホルダーの生産牧場である岡田牧雄氏のコメント。

 先日の凱旋門賞を振り返り、馬場の苦しさを伝えた上で、最後に、「(凱旋門賞を)目指してしまったことは、馬に悪いことをした」と。

 先週のフジテレビ「みんなのKEIBA」における凱旋門賞振り返り時、タイトルホルダーについて聞かれた私は、「この経験が今後のタイトルホルダーにとってプラスに働くような競走馬人生になって欲しい」とコメントしましたが、正直なところ、プラスに働かなくてもいいからマイナスにならないで欲しいという思いもあっての願いでした。なんだか自分が感じていたことは間違っていなかったようにも思え、心が救われる言葉でした。

 さて話は変わり、先週の毎日王冠ではサリオスの強さが際立つレースでしたね。

 個人的には3走前の高松宮記念あたりから馬の成長を感じていましたが、今回はさらに完成に近づいていると感じる馬体に。こうなったらここからのハーツクライ産駒は揺るぎないと思え、今後のサリオスは崩れないと感じています。

 さて今週末は秋華賞。


 現時点では5頭に注目。

 本質的に阪神の内回り2000mは立ち回りの巧さが要求される舞台。

 その点から魅了されるのがスタニングローズ。

 またポテンシャル的には二冠馬のスターズオンアース。個人的には骨折明けの長期休み明けよりも、体型的な面から広いコース向きのイメージもありますが、桜花賞時の走りから心配しすぎないでいいのかも…。

 またポテンシャルといえば、ナミュール。春はローテ的に厳しい中。今回が1番、メンタル的に良い状態での出走となりそう。

 そして穴的な存在としては、プレサージュリフト。当日のメンタル面&ゲートがカギとなりそうですが、噛みあえばイッパツあってもおかしくない能力の持ち主な気がし、それはライラックにもあてはまるような…。

 買い目はもう少し考えますが、上記5頭の組み合わせでいこうと思っています。

 それでは皆さん、当日は競馬中継でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。2000年には日本人女性騎手初の海外勝利を挙げ、01年6月に引退。 現在はホース・コラボレーターとして、フジテレビ系『みんなのKEIBA』などに出演。

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング