スマートフォン版へ

「僕も頑張るから、ユーバーレーベンも頑張って!」ジャパンCでオークス以来の復活勝利を

  • 2022年11月22日(火) 18時02分
“ミルコレビュー”

▲ユーバーレーベンと今週末のジャパンCへ挑みます(撮影:下野雄規)


今週はいよいよジャパンC、ミルコ騎手はともにオークスを制したユーバーレーベンと挑みます。前走天皇賞・秋ではマイナス22キロでの出走でしたが「絶対にいいと思ってた」と当日の様子を振り返ります。しかしパンサラッサの大逃げもあり、思うようなレースはできなかったそう。

そんな天皇賞・秋で見えた課題を踏まえ、昨年オークス以来の勝利に向けた意気込みを語ってくれました。

(取材・構成=森カオル)

パンサラッサの大逃げに「ヤバかったね(苦笑)」


──今週は、ユーバーレーベンとのコンビでジャパンCに出走。前走の天皇賞・秋は8着とはいえ、最後までしっかり伸びていましたね。

ミルコ 札幌記念を使ったときがすごく太かったから、今回でしょ、と思ってました。

──札幌記念からマイナス22キロ。一見すると、心配になってしまいそうな数字ですが、これは戻ったもので。

ミルコ そうです、そうです。パドックでその数字を見た人たちは、みんな「えーっ!」って言っていたけど、僕は今回は絶対にいいと思ってた。実際、パドックも返し馬もすごく雰囲気がよかったです。でもね、やっぱり二の脚が遅い。周りが速かったのもあるけど、全然進んでいかなかった。

──最初のコーナーにみんなが殺到するような形に。

ミルコ そうなんだけど、それにしても自分から進んで行こうとしなくて、ちょっと後ろすぎる位置になっちゃいました。でも、3コーナーの時点で目の前にクリストフ(イクイノックス)がいて、これはいいと思った。強い馬の後ろをついて行けば、絶対に直線まで連れて行ってくれるからね。

 最初は後ろすぎたなと思ったけど、ペースも速かったし、ちょうどいいかなと思いながら直線に向いたけど…。最後はやっぱりちょっとジリジリになってしまったね。年を取ったからか、ペースが速かったからか、ユーバーレーベンにとってはちょっと忙しい競馬だったような気がする。

“ミルコレビュー”

▲ユーバーレーベンにとっては忙しい競馬だった(ユーザー提供:mailaさん)


──あのレースでは、パンサラッサが目を疑うような大逃げ。見えてました?

ミルコ うん、ヤバかったね(苦笑)。3コーナーで「えっ!?」と思った。だって

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
Road to No.1 世界一になる / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング