スマートフォン版へ

【中日新聞杯予想】ベテラン組もまだまだ侮れない

  • 2022年12月09日(金) 18時00分

祖母譲りのタフな特徴で活躍に期待


 中京のハンデ戦の中日新聞杯は、2017年から12月に移って明らかに若い3歳、4歳馬優勢の傾向だが、ベテラン組にもまだまだ侮れない馬がいる。6歳カントル(父ディープインパクト)は、骨折、脚部不安で約一年間の休養が2回もあって、まだ17戦4勝。 

 約一年ぶりだった前々走を勝ってオープンに出世し、前走のGIIアルゼンチン共和国杯は4着とはいえ、0秒2差の接戦だった。

 祖母ブロードアピール(USA)は4歳秋のデビューで、牝馬ながら8歳時にもGIIIガーネットSを制する(2着サウスヴィグラス)など、海外、公営を含め36戦【13-5-5-13】。6つの重賞を猛然と追い込んで勝ったタフな馬だった。

 このタフな特徴は27戦14勝の父ブロードブラッシュ(日本では88戦11勝ノボトゥルーの父)だけでなく、北米で41戦もした母や、その一族譲りでもあった。

 ブロードアピールの直仔は必ずしも活躍したわけではないが、牝馬の産駒を通した孫世代になってファミリーを大きく発展させている。

 活躍馬の筆頭が、ミスアンコールの送った日本ダービー馬ワグネリアン(来春から調教師になる福永祐一騎手)。 

 アネモネSなどを勝ったテンダリーヴォイス(現4歳の産駒マリアエレーナは小倉記念など5勝)、現4歳の3勝馬ミスフィガロも、ミスアンコール産駒でカントルのきょうだいになる。出世の遅れた6歳馬カントルだが、丸2年以上のブランクを考えればまだまだ若い。祖母ブロードアピールのように活躍できるかもしれない。

 カントルには、ミシュリフとのコンビで英インターナショナルSのほか、ドバイや、サウジアラビアでも勝って名を挙げた若いD.イーガン騎手(23)が乗る。

 マテンロウレオ、プログノーシスなどこれからさらに良くなる馬が相手本線だが、単・複中心に、穴馬プリマヴィスタは買っておきたい。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング