スマートフォン版へ

【阪神JF予想】今年も上位人気馬に重賞好走馬 前走重賞組が強いレース

  • 2022年12月09日(金) 18時00分

人気が予想される2頭の可能性は…


 阪神JFは前走重賞組が強いレース。今年も上位人気馬に重賞好走馬がおり、その中から優勝馬が出る可能性は高い。

 アルテミスS勝ちのラヴェルはナミュールの半妹。姉はこのレースで1番人気を4着と裏切ったが、この馬は姉よりは良い位置で競馬ができるだろうし、3連勝でGIまで上り詰める可能性は十分だ。

 アルテミスS2着のリバティアイランドは今回ラヴェルより人気になるかもしれないし、新馬戦のインパクトは確かに強いものだった。前走の着差はクビ差だからそれがひっくり返る可能性はもちろんある。この2頭はそれぞれの適性とレースの展開が噛みあうかどうかでアトサキが変わりうるだろう。

 リバーラは前走ファンタジーS勝ちだが、今回は距離延長で初距離という一戦。ウンブライルももみじSから距離延長で初距離になる。このパターンは好走へのハードルが高いし、ウンブライルは好走例の少ない前走オープン特別組というのも悩みどころ。ただステルヴィオの全妹で1600mがこなせないということはないはずだ。

 ドゥーラは反対に、距離短縮で初のマイル戦。札幌とは路面も違うし、阪神外回りで要求される資質は札幌のそれと大きく異なる。あとは能力でどこまでやれるかというところだろう。

 モリアーナも前走芝1800mではあるが新馬勝ちが東京で、当時の上がりが33.0秒。こっちのほうが買いやすい面がある。

 ブトンドールは前出のリバーラと同様、距離延長の初距離。今回はこのタイプが何頭かいるのでどれかが馬券に絡んでくる可能性はあるが、血統面からどれか1頭を選ぶのは難しい。また、軸にするよりはヒモで拾うほうが無難だと思う。

 前走1勝クラス組から1頭選ぶならムーンプローブ。1勝クラス組は勝ってくることが好走の前提。今年の該当馬のうち一番時計を持っているのがこの馬だ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング