スマートフォン版へ

落馬からスタートした2023年 落ち込むミルコ騎手を救った武豊騎手の優しい言葉「ミルコ、大丈夫…」

  • 2023年01月24日(火) 18時02分
“ミルコレビュー”

▲新年のスタートは散々…?(撮影:桂伸也)


ミルコ騎手の2023年最初のレースはなんと落馬に。幸い大きなケガはなくその後も騎乗することができましたが、実はその前日に車をぶつけてしまう事故があったとのこと。

あまりに悲しい幕開けとなってしまった新年に「もう乗るのやめておこうかな…」と落ち込んでいると、武豊騎手から優しい言葉をかけられます。そこからのミルコ騎手はジュニアCを含む2勝を挙げる快進撃。悲しい幕開けから一転、良いスタートを切ることができた初日の裏側に迫ります。

(取材・構成=森カオル)

車はぶつけるし、1レース目で落馬するし、こんなスタートないでしょ


──2023年は、いきなり落馬からのスタートで…(1月5日・中山3R・メイクデビュー中山・アドマイヤゾネ)。

ミルコ そう! もうビックリ(苦笑)。今年はね、前の日にも最悪な出来事があって…。

──4日ですか?

ミルコ そうです。イタリアから娘たちがきていたから、年末年始は僕と奥さんとジョシュア君とステラちゃんと娘たちの6人で沖縄に行ってたの。

──沖縄! いいなぁ。

ミルコ 時期的に飛行機もホテルも難しいかなぁと思ったんだけど、なんとか予約が取れて。のんびりできたし、最高だった。で、リフレッシュして「今年も頑張ろう!」と思って4日に帰ってきたんだけど…。考えてみれば、その日は朝からバタバタだった。小さい子供が2人いるから、それだけでも大変なのに、飛行機間に合わない! 早く早く! みたいな感じで急いで空港に行って…。

──もしかして乗り遅れた!?

ミルコ いやいや、なんとか間に合いました。それで「よし、よかった」とホッとしてたらアッという間にKIX(関西国際空港)に着いて、預けてあった車に乗って高速に乗ったんだけど、ガソリンがあと少ししかなくて…。

──もしかしてガス欠!?

ミルコ 違います(笑)。ガソリンスタンドに行かなくちゃと思って、一旦高速を降りたの。ガソリンスタンドを探しながら知らない道をずーっと走ってたら、突然“ゴゴゴッ、ゴン!”みたいなすごく大きな音がして…。

──あ

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
Road to No.1 世界一になる / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング