スマートフォン版へ

【京都記念】非根幹距離のタフな馬場だからこそ台頭する血統を狙う

  • 2020年02月14日(金) 19時00分
その日の注目レースと狙い馬を網羅した亀谷敬正の「血統ビーム激走メモ」を発売!
殿堂入り予想家として公開する重賞やGIの予想に加えてぜひご覧ください!
こちらからご覧いただけます

父がサンデー系「ではない」馬の台頭が目立つレース


 京都記念は過去5年の勝ち馬5頭のうち4頭は父がサンデーサイレンス系「ではない」馬。(出走馬の各系統はスマート出馬表参照)非サンデー系のなかでもダート中距離的な持久力と欧州的なスタミナの要素も持つ馬に向くレース。

 去年6番人気1着のダンビュライトは父がミスプロ系(大系統)。近親にダート中距離GI勝ち馬のアロンダイトも出ている母系。2015年に1着のラブリーデイもダンビュライトと同じキングマンボ系。

 2018年1着のクリンチャーは母父がダートGI馬も多数輩出したブライアンズタイム。父ディープスカイはサンデー系ですが、リーディング上位ではない非主流。ダート中距離重賞勝ち馬を複数出している種牡馬。

 2016年、2017年に連覇したサトノクラウンは持ち込み馬。サンデー系の血を全く持たない馬。

 一方、ディープインパクト産駒も毎年馬券にはなっていますが、過去5年で産駒は未勝利。

 2015年にハープスター、2017年にマカヒキが1倍台の断然人気で出走していますが、ハープスターは5着。マカヒキは3着。古くはジェンティルドンナが断然人気で敗れました(当時も似たようなことを書いて単勝34倍で勝利したデスペラードを本命にしました)

 京都記念はクラシックGIが行われない、非主流、非根幹距離のレース。馬場もタフになりやすいため、主流とは方向性が異なる反主流の能力も問われやすいレース。だからこそ、日本では主流の父サンデー系「ではない」血統が走りやすいのです。

 クラージュゲリエは父が非サンデー系で当レースの勝ち馬も出しているキングカメハメハ。昨年の勝ち馬ダンビュライトも父父キングカメハメハですから同系です。母父はロベルト系のタニノギムレット。タフな馬場。スタミナ勝負を得意とする血統です。

著しい成績を挙げ、殿堂入り予想家となった亀谷敬正の京都記念予想はレース当日までにウマい馬券で公開!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者で、『ブラッドバイアス』『大系統』『小系統』などの血統予想用語、概念の作者。血統ビームの革新性は20世紀末の競馬予想界に衝撃を与え、現在は競馬ファン、競馬評論家に多大な影響を与え続けている。また『競馬予想TV!』『競馬血統研究所』(ともにCS放送フジテレビONE)に出演するなど活躍中。ツイッターアドレスはツイッターアドレスはコチラ。
ウマい馬券にて『血統ビーム』の予想提供中

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング