スマートフォン版へ

【日本ダービー】 コントレイルvsサリオス 二強の敵は、逃げ馬の不在と皐月賞の消耗度/山崎エリカ

  • 2020年05月29日(金) 18時00分

逃げ馬不在、皐月賞の消耗度を考えると、昨年のダービー同様思わぬ伏兵が登場も(写真:下野雄規)

「内枠有利」で名高い日本ダービーですが、実際に過去10年で1枠1番が半数にあたる5連対もしています。エイシンフラッシュ(2010)、キズナ(2013)、ロジャーバローズ(2019)が優勝し、ウインバリアシオン(2011)、サトノラーゼン(2015)が2着。これは日本ダービーの週からCコースに替わることと、超絶高速馬場が影響しています。時計の速い決着、極端に上がりの速い決着になれば、コーナーロスが致命的となるからです。

 さらに過去10年の連対脚質は、先行〜中団が15頭。2018年は逃げたエポカドーロが2着に粘っていることからも、前々でロスなく立ち回れる馬が有利と言えます。その一方で、追い込みが3勝、2着1回と活躍しているのも事実。該当馬は2011年にワン、ツーを決めたオルフェーヴル、ウインバリアシオン、2013年のキズナ、2017年のレイデオロです。レイデオロは超絶高速馬場にして前半5F63秒2という、ダービー史上NO.1クラスの超絶スローペースを利して、向こう正面で2番手までポジションを押し上げたもの。マクリという表現のほうが一般的かもしれません。

 しかし、オルフェーヴルが優勝した2011年はズブズブの不良馬場となったことで、前が崩れたもの。また、キズナが優勝した2013年は、アポロソニックがスローペースの単騎逃げを打ったものの、メイケイペガスターが向こう正面でマクってペースを引き上げ、追い込み馬にもチャンスがある流れになったもの。つまり、超絶高速馬場で行われる以上、自身がマクるか、何かがマクって前が早仕掛けをせざるを得ない展開にならないと厳しいものがあるということです。

 そのうえでタフな馬場の皐月賞でレースをハイペースで引っ張ったキメラヴェリテが出走せず、今回は逃げ馬不在。皐月賞で1枠1番だったコントレイルは、スタート後に馬が進んで行かずに後方ポジション。外から来られて馬場の内に押し込められ、3コーナー手前まで外に出せず、他馬よりも馬場の悪い内を走ってはいるものの、キメラヴェリテが前を潰してくれた恩恵を受けたと言ってもいいでしょう。実際にキメラヴェリテのオーバーペースに巻き込まれて大失速したビターエンダーやディープボンドは、次走のプリンシパルSで1着、京都新聞杯で1着と巻き返しています。

 コントレイルは福永騎手が皐月賞後に「思っていたレースと違い、馬場の内目が悪いのもあったのか、(馬が)前に進んで行こうとしませんでした」とコメントしていることから、今回では前目、早目の競馬をしてくる可能性が高いです。しかし、前走で行きっぷりが悪かった馬が、今回で一変することは滅多になく、中団辺りにつけられれば上々でしょう。場合によっては皐月賞と同じように後方からの競馬になる可能性もあります。そうなるとレイデオロのようなレースをする必要性がありますが、おそらく前にサリオスがいるので、簡単にはマクれないでしょう。

 また、コントレイルが上手く先行したとしても、同じく先行したホープフルSの時のように、パフォーマンスを下降させる可能性もあります。ホープフルSはけっしてペースが速くはありませんでしたが、同馬はラスト1Fで失速し、ヴェルトライゼンデに0.2秒差まで迫られました。今回、距離延長に不安を残します。

 つまり、後方で脚をタメての末脚勝負ならともかく、先行やマクリなどの正攻法の競馬をした場合には、コントレイル本来の決め手が使えない可能性もあります。キャリアを積めば体力がついて、距離の守備範囲は広がりますが、本質的には芝2400mが長いことは間違いなさそうです。

 一方、サリオスは朝日杯フューチュリティSも皐月賞もハイペースを先行してしぶとい、とても強い内容でした。また、同馬は皐月賞で一気に指数を上昇させてきた辺り、マイルよりも芝2400mでこそでしょう。そういう意味では、超絶高速馬場で時計の速い決着、極端に上がりの速い決着となりやすい日本ダービーは同馬にフィットしているレースに感じます。

 あえて気になる点があるとすれば、消耗戦となった皐月賞で好走していること。同じように消耗戦となった桜花賞で、先行策から粘って2着と一番強いレースをしたレシステンシアが相手弱化の次走・NHKマイルCで敗れたように、ダメージが残って上昇しきれない可能性もあります。また、逃げ馬不在のレースだからといって、積極的なレースをすると、最後伸びない可能性も考えられます。

 先週のオークスでキャリア3戦のデアリングタクトが優勝したように、キャリアが浅いことは上昇力という意味での優位性はありますが、そういった馬でも条件が合わなければ、凡走することもあります。確かに今回のメンバーではコントレイルとサリオスが一枚上の存在。皐月賞では展開にも恵まれ、馬場の良いところを走った3着馬ガロアクリークに3馬身半差もつけていますから、両馬は、多少パフォーマンスを下げたとしても、上位には来る確率は高いのかもしれません。が、二強が馬券圏内に食い込んだとしても、横一線のもうひと枠は他の馬に残されていますし、競馬には「二強対決は両雄並び立たず」という格言のようなものがあるように、二強対決と言われながら、どちらか一頭が崩れることが多いのが競馬です。一頭でも馬券圏外に敗れれば、一気に高配当が期待できるでしょう。

 今回は逃げ馬不在。例年にまして前が有利な展開が予想されるだけに、前目から2着、3着に粘れる馬を本命にする予定です。結論はウマい馬券で公開いたします。

■プロフィール
山崎エリカ(やまざきえりか)
 類い稀な勝負強さで「負けない女」の異名をとる女性予想家。2016年9月、国枝栄調教師も推薦する新刊本『全106コース対応 山崎エリカの逃げ馬必勝ナビゲーション』(ガイドワークス)を上梓。「逃げ馬」を狙って儲ける術が余すことなく公開されている。独自に開発したPP指数(※)を武器に穴馬を見つけて高配当ゲットを狙う!
※レースの入線タイムを基準にして各馬の走破タイムの価値(能力)をポイント化した指数。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。ときに冷静に、ときに大胆に直球勝負で攻める予想家たちの熱き見解は必見。 関連サイト:ウマい馬券

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング