スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】 人気馬の不安材料と、人気が落ちた馬の真の実力を見抜く

  • 2019年11月12日(火) 18時00分
予想の頭脳

阪神JF以来のGI勝利となったラッキーライラック。枠順をうまく利したスミヨン騎手のコース取りが奏功した。


『ウマい馬券』で活躍するプロ予想家たちの“思考回路”に迫る「予想の頭脳」。今回は、8週連続GI開催の皮切りとなるエリザベス女王杯を取り上げます。3歳馬2頭が人気を集めるなか、4歳馬と6歳馬の決着という一筋縄では捉えにくい一戦を、はたして、どんなアプローチで攻略したのか。その“頭脳”に迫ります!

1番人気の不安材料を洗い出し、人気落ちの実力馬に本命を



 最初に紹介するのは、うまたか氏です。オークスでは頭から狙った1番人気のラヴズオンリーユーですが、今回はローテーションやコース適性、展開面という不安材料を抱える点を踏まえ、3番手評価にとどめます。

 代わって本命に推したのが、優勝したラッキーライラック。3歳春から約1年半も勝利から遠ざかっていた同馬ですが、「アーモンドアイと同世代故に勝ち運には恵まれないが、デビューから一貫して高い能力は見せている」と、早熟説を完全否定。

 今回は条件が恵まれると読んで3連単の頭固定を推奨して、1着総流しとフォーメーションで見事に的中。しかも、対抗にも7番人気で2着したクロコスミアをキッチリ指名し、◎→○→▲の完璧な印で264.8倍を仕留めたのでした。予想結果はこちら

予想の頭脳

ラヴズオンリーユーの不安材料を看破し、代わりに推した本命ラッキーライラックが見事に勝利。対抗、単穴も完璧に読み切った。



攻略ポイントを絞り、当てはまる馬を◎に抜擢



 もうひとりは、豚ファン氏です。エリザベス女王杯のポイントを「過去5走で2000m戦、平均ペースより速い流れで先行している経験」と「京都コースでの実績」のふたつに絞り、昨年、一昨年の2着馬でもあるクロコスミアを本命に抜擢します。

 若き3歳馬たちの台頭で6歳という年齢が疑問視されるなか、「前走の府中牝馬Sにしても、稍重の馬場で昨年より0.1秒速く走っており、力の衰えはない」と見事に読み切っていました。相手も4頭に絞り、馬連33.8倍を厚めの2000円的中させるとともに、キッチリ3連複でもプラスを計上しました。予想結果はこちら

予想の頭脳

6歳馬クロコスミアに力の衰えがないことを見抜き、本命に。結果は2着だったが、馬券はしっかりとGET!



今週のマイルCSではダノンキングリーが登場予定です。うまたか氏、豚ファン氏はダノンキングリーをどう見るのでしょうか。週末をご期待ください。

お気に入りの予想家を逃さずキャッチ! 自動購入機能がオススメです。


予想家をお気に入り登録する方法は
通知設定の方法は
どんな方法で通知されるの?

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。先週の重賞レースから予想家たちの頭脳を紐解くコラム。 関連サイト:ウマい馬券

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング