スマートフォン版へ

【日経新春杯・愛知杯】 天気と馬場読みが波乱のレースを的中へと導いた

  • 2020年01月21日(火) 18時00分
予想の頭脳

軽ハンデを生かして、格上挑戦の日経新春杯を制したモズベッロ


『ウマい馬券』で活躍するプロ予想家たちの“思考回路”に迫る「予想の頭脳」。今回は、精度の高い“馬場読み”で、大きな馬券を仕留めたふたりの予想家を取り上げます。人気薄馬が激走した先週末のレースを、はたして、どんなアプローチで攻略したのか。その“頭脳”に迫ります!

馬場と天気を読む“気象予想”が真価を発揮



 最初に紹介するのは、気象予報士の三宅誠氏。馬場レベルを通常の良・稍重・重・不良の4段階から、自身の理論に基づき、7段階に細分化。さらに5段階の気候レベル(寒・涼・暖・暑・酷暑)に分類して、激走を体系的に明らかにするスタイルです。

 そんな三宅氏が今回、ターゲットにしたレースは日経新春杯。そこで導きだされたのは、◎モズベッロ、○レッドレオン、▲エーティーラッセンという結論。2番人気→5番人気→11番人気という難解な決着を、印順通りに的中させたのです。

 ちなみに推奨理由はそれぞれ、モズベッロは「今の京都の馬場を味方にできる」、レッドレオンは「寒では4戦3勝、冬の力のいる馬場でもやれそう」、エーティーラッセンは「冬の芝や稍重の重めの馬場で好走が目立つ」というもの。

 つまり、馬場読み&天気読みがキッチリとハマれば、好走馬をまとめて絡め取れたわけです。三宅氏自身も馬連、3連複、3連単をトリプル的中させ19万円オーバーの払戻しを獲得しました。予想結果はこちら

予想の頭脳

馬場と天気を軸にした自身の理論が見事にハマり、好配当的中につながった



馬場、コース実績、距離適性、展開と複数の要素を冷静に分析



 もうひとりは馬場に加え、枠や展開を軸に予想を組み立てるTARO氏です。差し決着となった愛知杯を「開幕週内枠有利想定も、前が少しやり合いそうで直線は差し届く」と読み切り、5番人気2着のアルメリアブルームを本命に推奨。

 前走のエリザベス女王杯は「相手云々もそうだが、条件が合わなかった」とノーカウント扱い。「小倉替わりは間違いなくプラス」と強調して、3連複913.5倍を200円的中させました。

 また、9番人気で優勝したデンコウアンジュについても、「決め手秘め平坦向き」「マイル実績中心だが、今はこれくらいの距離のほうがテンに置かれなくて良いのでは?」と、かなり脈のありそうな見解。実際、 アルメリアブルーム以外では唯一、3連複の軸馬に指名していました。予想結果はこちら

予想の頭脳

馬場と展開から人気落ちしていたアルメリアブルームを軸に据え、見事に高配当を仕留めた




お気に入りの予想家を逃さずキャッチ! 自動購入機能がオススメです。


予想家をお気に入り登録する方法は
通知設定の方法は
どんな方法で通知されるの?

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。先週の重賞レースから予想家たちの頭脳を紐解くコラム。 関連サイト:ウマい馬券

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング