スマートフォン版へ

【共同通信杯】 馬場の変化に着目し、1番人気でも懐疑の眼でジャッジ

  • 2020年02月18日(火) 18時00分
予想の頭脳

渋った馬場をものともせず、見事に初重賞制覇を果たしたダーリントンホール


『ウマい馬券』で活躍するプロ予想家たちの“思考回路”に迫る「予想の頭脳」。今回は、皐月賞やダービーに直結することで注目度の高い共同通信杯を取り上げます。単勝1.5倍のマイラプソディが4着に敗れるも、2〜4番人気馬が上位独占という、本命党にも穴党にも悩ましい決着を、はたしてどんなアプローチで攻略したのか。その“頭脳”に迫ります!

馬場適性を見抜き、血統を加味して結論を導き出す



 最初に紹介するのは、“スポニチの万馬券メーカー”としてお馴染みの“穴の万哲”こと小田哲也氏です。当日の1レース時点ですでに稍重馬場だった状況を踏まえ、「こうなると、断然人気マイラプソディも安泰とはいえなくなってきた」と、波乱の可能性を模索するところから予想がスタート。

 そして本命には、3番人気優勝のダーリントンホールを指名します。前走の葉牡丹賞3着は「決して得意とは思えない高速決着で、自身は“1分59秒1”で乗り切り、悲観する内容ではなかった」と擁護。さらに「英ダービー馬ニューアプローチを父に持ち、520キロを超す馬格からも馬場渋化はプラスになる」と、読んだことが決め手になりました。

 結果は馬連25.8倍を1,000円、3連単166.6倍を500円のダブル的中。3番人気から4、2番人気への人気サイドの馬券でしたが、相手をキッチリと4頭に絞り込んだことで、10万円を超える払戻金獲得となりました。予想結果はこちら

予想の頭脳

ダーリントンホールを本命に指名した後は、少頭数だけに相手もキッチリ絞って好配当をGET



前走の内容を高く評価し、コース替わりを考慮して本命に指名



 もうひとりは、"複勝一点突破"というコンセプトを掲げる福田一輝氏。こちらは4番人気2着のビターエンダーを、「前走の京成杯で、ラスト1Fは12.6とかかっていたものの、最後は3着のディアスティマに猛然と詰め寄っての4着」だった点に注目して評価。

 この内容を受けての「雨で最後粘りが必要な展開なら、未勝利勝った東京に戻って前進が見込める」との読み通り、早め先頭からハナ差の勝負に持ちこみました。結果は、圧倒的な1番人気馬が馬券圏外となったことで跳ねた複勝4.6倍を1万円的中です。予想結果はこちら

予想の頭脳

複勝でも一番オイシイ馬にしっかりと狙いを定めて、一本釣りするあたりはさすがのひと言



 なお、マイラプソディについては「圧倒的人気を集めているが、京都2歳S経由のハーツクライ産駒の左回り替わりの人気は、一昨年のグレイルと奇妙なくらいに似ている」と疑問視。複勝1点予想のスタイルですが、併記されることの多い人気馬の弱点や死角についての見解にも要注目です。

お気に入りの予想家を逃さずキャッチ! 自動購入機能がオススメです。


予想家をお気に入り登録する方法は
通知設定の方法は
どんな方法で通知されるの?

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。先週の重賞レースから予想家たちの頭脳を紐解くコラム。 関連サイト:ウマい馬券

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング