スマートフォン版へ

【京都大賞典】 走破時計からレースレベルを判断し、波乱のレースを的中につなげる

  • 2019年10月08日(火) 18時00分
予想の頭脳

京都大賞典は、ドレッドノータスが11番人気の低評価を覆しての勝利。京都2歳S以来の重賞制覇となった。


『ウマい馬券』で活躍するプロ予想家たちの“思考回路”に迫る「予想の頭脳」。今回は、大波乱となった京都大賞典を鮮やかに的中させた予想家を取り上げます。あわや単勝万馬券という人気薄の優勝馬に、どうやって本命を打つことができたのか。その“頭脳”に迫ります!

コースの走破時計を精査し、波乱の決着を見抜く



 最初に紹介するのは、豚ファン氏です。堅い決着になりやすいレースと認識しつつも、「今年の京都コースで行われた重賞(日経新春杯、京都記念、天皇賞・春)のタイムが平凡だけに、他の馬にも付け入る隙がある」と、波乱の予感を嗅ぎ分けます。

 それを踏まえて、本命に抜擢したのが11番人気で勝利したドレッドノータスでした。前走の丹頂S5着を「初の2600m戦で最後失速したが、マズマズの時計」としっかりと評価。さらに「5勝中3勝が京都コースであげたものであり、コース替わりで一変を期待」とレース攻略の最大ポイントをコース適性と看破しての攻めの予想がハマりました。

 結果は、単勝90.7倍を500円的中。相手もわずか3頭に絞り、5番人気3着のシルヴァンシャーとのワイド138.8倍を2000円的中させて、合わせて30万オーバーの配当を獲得したのでした。予想結果はこちら

予想の頭脳

今年の京都コースで行われた重賞の時計を凡庸と断じ、コース適性のある11番人気ドレッドノータスでも勝負になると踏んだ読みは鮮やかだった。



攻め馬の印象と脚質からコース適性を読み切る



 もうひとりは、勝俣テツヤ氏です。こちらは、ドレッドノータスをまずは「坂路での動きを見る限りやれそうに感じる」と評価。そして、京都巧者にくわえ「切れ味には欠けるが、立ち回りの上手さがアピールポイント」と強調しました。

 しかも6番人気2着のダンビュライトが3番手、3着のシルヴァンシャーも4番手評価と、超難解なこの一戦を見事に読み切りました。予想結果はこちら

予想の頭脳

ドレッドノータスとグローリーヴェイズを軸にした馬連で、見事に馬連GET! 3着馬にもキッチリ連下の印を回していた。



5週連続プラスと目下絶好調! 超絶クビレ美女の勢いが止まらない!



 先週、ここで紹介した 競馬アイドル・川崎あやさん。今週も毎日王冠をはじめ、的中を重ね、回収率122%を記録。見事に5週連続プラス収支となりました。直近1カ月の回収率も186%と、この勢いはまさに本物! とどまるところを知りません。秋華賞でもぜひご期待ください。

お気に入りの予想家を逃さずキャッチ! 自動購入機能がオススメです。


予想家をお気に入り登録する方法は
通知設定の方法は
どんな方法で通知されるの?

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。先週の重賞レースから予想家たちの頭脳を紐解くコラム。 関連サイト:ウマい馬券

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング