スマートフォン版へ

先週の競馬を終えて、そして今週 ――大阪杯、変わり身を感じる馬

  • 2020年04月03日(金) 12時00分

無観客となった高松宮記念


 ゴール前は大接戦となった一方で、降着という形に終わり、クリノガウディー陣営や馬券を購入されていた方々、そして和田騎手にとっては苦しい結果に…。

 と同時に、被害馬となったダイアトニック陣営や北村騎手、また馬券を購入されていた方々にとっても、それぞれの思いとなったことでしょう。

 振り返ると、驚くことにこのコラムで挙げた3頭で決着。また、追い切りの動きが一番良く見えたのがクリノガウディーでしたので、視点としてはストレートに出た結果に。しかしその一方で、当日の馬場を考えると、デキ=結果でもなかったように思え、レースというのは運など、いろいろな要素が絡み合うなぁ〜と再認識。

 勝利したモズスーパーフレアですが、昨年の敗因を踏まえての調整&アプローチも大きな勝因となったと思えます。そのあたりが、音無厩舎がGI制覇を数多く成し遂げられる要因にも個人的には感じています。

 さて、先週の高松宮記念で気づかれた方も多いことと思いますが、私は通常のゲート裏リポートではなく、パドックブースからモニターを見てのリポートに。今は競馬会をはじめ、関係者の皆が、競馬が開催されることに気持ちが一つになっている状況。よって先週のゲート裏には行かない形や、今週の栗東取材も自粛することにしました。

 したがって、これまでのように間近で馬を見、担当者の方々にお話を直接聞くことはできない状況。

 調教を見ての判断と、普段から連絡を取り合っている関係者の方には、申し訳なく思いながらも電話やショートメールで伺うことになりました。

 その中でも変化を感じたのがワグネリアン。

 この馬は、若い頃は特に心身のバランスをコントロールするのが難しかったタイプ。それがここにきて合致してきた印象。

 安田助手も、「減っていた体重が戻っていますし、普段も折り合えるようになっている」と、全ての面で成長を感じていました。この馬にとっては当日の静かな競馬場はプラスにも導かれそうな気がします。

 また、ラッキーライラックも迫力満点。

「ここを目標に作ってきたから、体調は万全。前走はあくまで前哨戦に加え、海外帰りだったから」と丸内助手。あとは展開的に逃げ馬不在ゆえ、その点でスローのヨーイドン瞬発力勝負になると苦しいですが、そこはデムーロ騎手の手腕に期待です。

 それでは皆さん、また来週お目にかかりましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング