スマートフォン版へ

【マイルCS】8度目の競演!アルアインとペルシアンナイトの「仲良し説」に迫る!!

  • 2019年11月10日(日) 18時02分
GIドキュメント

「なんか、この顔よく見るなぁ…」今年の大阪杯でのペルシアンナイト(左)とアルアイン(右)(C)netkeiba.com


アルアインとペルシアンナイトは仲良しコンビ!?――そんなちょっと微笑ましい妄想を膨らませたくなってしまうほど、2頭は何回も同じレースで走っています。同級生で、ともに池江泰寿厩舎からデビューした2頭は、3歳春のシンザン記念で初めて競演。これまで7戦を共に戦い、うち4戦では1つ違いの着順でゴールしました。
マイルCSで再び競演を果たす2頭は実際に仲がいいのか、担当する調教助手たちにお話を伺いました。

(取材・文:大恵陽子)

皐月賞はワンツーフィニッシュ


 2017年皐月賞。

 ペルシアンナイトが内、アルアインが外で4コーナーを並んで回ってきた。

 コーナーワークを生かして先に抜け出したのはペルシアンナイト。しかし、アルアインがじわじわと脚を伸ばし、ゴール直前、クビだけ交わして勝利した。競演2戦目、GIでのワンツーフィニッシュだった。

GIドキュメント

クラシック1冠目はクビ差でアルアインの勝利(ユーザー提供:ぴこぴこさん)


 アルアインを担当する音瀬慎調教助手は最も印象に残っているレースとしてこう振り返る。

「3〜4コーナーで一度下がっていくような雰囲気で、ジョッキーの手が結構動いていたんです。『このまま沈んでいくのかな……』とゲートから帰るバスで見ていました。それを盛り返して勝って、すごいなと思いました。松山弘平騎手がGI初制覇だと知っていたので、『松山くん、おめでとう』と思いました」

 音瀬助手自身もGI初制覇の瞬間だった。

GIドキュメント

松山騎手も音瀬助手も初のGIタイトルを手に(撮影:下野雄規)


 一方で、僅差の2着だったペルシアンナイトを担当する齊藤勲調教助手は

「4歳くらいまではゲートの出があまり良くなくて皐月賞も後ろからでしたが、ジョッキーが内で上手く乗ってくれましたよね。逆に、一昨年のマイルCSは厳しい大外枠ながらジョッキーが上手く内に入れて、GIを勝たせてくれました」と話す。

GIドキュメント

ペルシアンナイトは3歳でマイルCSを制す(C)netkeiba.com


 今年の金鯱賞では道中、内外で並んで走る姿もあったが、基本的にはアルアインが前、ペルシアンナイトが後ろでレースを進めることが多い。

▼2017年
シンザン記念(GIII) 3着ペルシアンナイト、6着アルアイン
皐月賞(GI) 1着アルアイン、2着ペルシアンナイト
日本ダービー(GI) 5着アルアイン、7着ペルシアンナイト

▼2018年
大阪杯(GI) 2着ペルシアンナイト、3着アルアイン
マイルCS(GI) 2着ペルシアンナイト、3着アルアイン

▼2019年
金鯱賞(GII) 4着ペルシアンナイト、5着アルアイン
大阪杯(GI) 1着アルアイン、11着ペルシアンナイト

気になる「仲良し説」真相は!?


 2頭の素顔はどんな感じなのだろうか。

 ペルシアンナイトは「やんちゃで遊びたい感じですよ」と齊藤助手は笑う。

「ホウキが大好きで、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング