スマートフォン版へ

【チューリップ賞】ひと回り成長したレシステンシア、始動戦に向け鋭い動きを披露!

  • 2020年02月26日(水) 18時00分
【掲載場所変更のお知らせ】
『馬三郎取材班のつぶやき』をご愛顧いただきありがとうございます。

『馬三郎取材班のつぶやき』は2020年3月4日よりニュース枠にて無料で配信いたします。なお、各掲載日に変更はございません。引き続き『馬三郎取材班のつぶやき』のご愛読をよろしくお願いいたします。

netkeiba編集部


余裕しゃくしゃく、サートゥルナーリア(26日・竹原・栗東)
 3月15日の金鯱賞に出走予定のサートゥルナーリア(牡4歳、栗東・角居)が、中谷を背にCWで追い切り。時計は6Fから82秒1-37秒1-11秒6(馬なり)。最後まで余裕しゃくしゃくの手応えで、自らハミを取りシャープな伸び脚を披露した。これまで4本の追い切りを消化し、ひと追いごとに動きに素軽さが増しており、休み明けの不安は皆無だ。

アルクトスの次走(26日・玉川・美浦)
 フェブラリーSで4番人気に推されながら9着と敗れたアルクトス(牡5歳、美浦・栗田)。師と話すと「次はマーチSか、かしわ記念で雪辱を期すことになる」とのことでした。

初陣飾るイカット(26日・吉田・栗東)
 イカット(牝3歳、栗東・上村、父ディープインパクト、母ロジャーズスー)は、川田を背に4F53秒7-1F12秒2(馬なり)を計測。抜群の気合乗りでバネに富んだ雄大なフットワークは、高い資質の証明。初陣に注目だ。

昨秋の雪辱を、ウーマンズハート(26日・竹村・栗東)
 チューリップ賞を目指しているウーマンズハート(牝3歳、栗東・西浦)が

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

最大全国3場・36レース分の馬柱を提供する競馬新聞『馬三郎』。インターネット版の『馬三郎』は、全レースの馬柱、予想、調教タイム、厩舎コメント、オッズ、馬体重、パドック速報、レース結果をオンラインならではのリアルタイム更新でお届け。また、レース映像の当日配信、馬券購入機能などインターネット独自の革新的サービスも実現。欲しい機能が瞬時に引き出せる、便利で親切、頼りになる競馬予想のベストパートナーです。

馬三郎の詳しい機能はこちらでご確認ください。 ※リンク先はパソコン向けのページとなっております。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング