スマートフォン版へ

東西ジョッキーに直撃!「今年の俺のベスト騎乗はこれだ!」

  • 2019年12月29日(日) 18時02分
馬ラエティBOX

みなさんの今年のベストレースは何ですか?(ユーザー提供:evangelionさん)


2019年も残すところあとわずか…ということで! 東西のジョッキーのみなさまに、1年を振り返り、今年の“快心の一鞍”と、2020年の抱負を語っていただきました。

(取材・文=美浦:佐々木祥恵、栗東:大恵陽子)

北村友一騎手


馬ラエティBOX

◆10月13日 京都11R・秋華賞(GI) クロノジェネシス 1着(4番人気)

 しっかり結果を出して、勝つことができました。どの馬でも大事にしたいと思っていることなのですが、このレースでは2コーナーでうまく馬が落ち着いて、レースの流れと馬のリズムが噛み合いました。流れとリズムが一致することは重要だと思います。今年はGI初制覇をしましたが、勝った後と前で特に変わったことはありません。2020年もまたGIを勝ちたいです。



小林凌大騎手


馬ラエティBOX

◆12月15日 中山1R・2歳未勝利 スピーニディローザ 1着(4番人気) ※小林騎手JRA初勝利

 道中うまく我慢ができましたし、それでいて置いていかれずに進められました。直線でうまく外があいてくれたので砂をかぶらないところに出せましたし、これまでで1番うまく乗れたかと思います。

 今年はあまり良い活躍ができなかったので、来年は勝ち星をどんどん伸ばしていって、同期や先輩ジョッキーにも負けないくらい頑張っていきたいです。



木幡巧也騎手


馬ラエティBOX

◆7月21日 福島10R・横手特別(3歳以上2勝クラス) グラスブルース 1着(7番人気) ※JRA通算100勝達成

 自厩舎のグラスブルースという馬で僕自身の100勝を達成したレースです。中団やや後ろくらいから差して優勝したのですが、直線でも外に出さずに内から捌いていきました。自分は前々で運ぶことが多いのですが、それを考えるとあまりしたことのない競馬でしたし、乗っていても良い勉強になりました。またどういうところで脚が溜まるのかを掴んだレースで、今後はそれを生かしていきたいです。

 2020年は、1つ1つしっかり勝って、きれいに乗りたいというのもありますし、1つ1つしっかりと勝っていきたいです。去年と比べて勝率が少し増えましたので、これからも徐々に徐々に増やしていけるように頑張りたいです。



斎藤新騎手


馬ラエティBOX

◆11月16日 福島9R・3歳以上1勝クラス ココナッツスルー 1着(5番人気)

 元々そういうところのある馬なのですが、このレースはマクって勝てて気持ち良かったです。タガノエルフでもまくって勝ったり、僕けっこうマクります。マクっていくレースって見ていても盛り上がりますし、決まったら気持ちいいですね。その代わり、決まらなかったら「何してんねん」となりますが(苦笑)。ペースが遅かったり、出負けして腹を括って後ろからのレースでペースが落ちた時にマクることが多いです。これが僕の「ベスト気持ちいいレース」です。

 感情がすごく出ていたレースでは初勝利を挙げたアルファライズでの2勝目、6月16日阪神8R・3歳以上1勝クラスですね。※アルファライズのレースではゴールの瞬間、ガッツポーズをしています



鮫島克駿騎手


馬ラエティBOX

◆1月14日 京都9R・雅ステークス モズアトラクション 1着(5番人気)

 この前のレースで調教再審査となり、調教から乗せてもらいました。以前に乗ったことがあり癖も熟知していたので、直線に向くまで自分なりにしっかり待てて、最後の末脚を引き出せたと思います。前走では途中で嫌気が差してレースを止めてしまって調教再審査になったので、馬の気持ちを切らさないよう心がけました。調教でも気分を損ねないようにし、再審査を1回でパスすることができました。能力が分かっていたので、自信を持って乗れました。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング