スマートフォン版へ

【古谷剛彦のクラブライフ】シルクホースクラブの目を見張る活躍

  • 2019年10月28日(月) 18時00分

頭打ちする前に地方競馬へ移籍するケースも少なくない


 豪華メンバーが集った「第160回天皇賞・秋」。戦前のオッズを見ると、アーモンドアイとサートゥルナーリアの2強ムード。少し離れた3番人気がダノンプレミアムでしたが、単勝10倍以下は3頭のみ。4番人気だったワグネリアンは、ダノンの約2倍のオッズでしたから、最強牝馬と3歳馬の一騎打ちを期待するファンが多かったことを裏付けます。

 私自身も、アーモンドアイを破るとすれば、底を見せておらず、秋初戦の神戸新聞杯で成長を感じさせる圧勝を演じたサートゥルナーリアに期待し、一騎打ちを想定した馬券を買っていました。

 しかし、終わってみれば、アーモンドアイの1強。スタートして2コーナーから向正面に入るところで、サートゥルナーリアが内に強引に入り、位置を下げざるを得ない不利を受けながら、カーっとすることなくサートゥルナーリアの直後で折り合いをつけていました。その段階で、アーモンドアイの凄さを垣間見ましたし、直線でアエロリットの内が開いた時の瞬発力に、さらなる驚きを感じました。

 ルメール騎手のコメントでは、昨年のジャパンCほどの状態に及ばず、トップコンディションではないという状況での勝利ということでしたから、改めてアーモンドアイの強さに賞賛です。

 この日は、シルクホースクラブのパーティーがあり

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

一口馬主に強いnetkeibaのライター陣が、使える情報を続々発信。データ分析や各クラブの最新情報、一口馬主での成功談&失敗談まで、一口馬主ライフが楽しくなる情報満載!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング