スマートフォン版へ

【古谷剛彦のクラブライフ】夢が広がるクラブライフの醍醐味

  • 2020年02月26日(水) 18時00分

競馬を楽しむには、主役である馬に実際に触れることが重要


 クリソベリルとゴールドドリームが、サウジアラビアに遠征。アーモンドアイを筆頭にドバイへ遠征する馬たちも間近に控え、ウインブライトは香港へ向けて中山記念3連覇を目指して始動するなど、海外遠征の話題が尽きません。

 先日、小倉競馬場でクリソベリルに出資している方とお会いし、クオカードを頂戴しました。「いつも持っているんだけど、お会いできずになかなか渡せなくて…」と、ある意味ご迷惑をお掛けしてしまっていましたが、古くから各クラブで出資されている方で、多くの重賞ウィナーをお持ちになっています。また、以前にも書いたことがありますが、私の友人でアーモンドアイに出資している人は多く、GIを勝つたびに喜んでいる声を聞きます。

 クラブライフには、このような馬たちに出資できる点では、大変夢があります。私自身、20年目に入ったクラブライフで、重賞勝ち馬は3頭のみではあります。ただ

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

一口馬主に強いnetkeibaのライター陣が、使える情報を続々発信。データ分析や各クラブの最新情報、一口馬主での成功談&失敗談まで、一口馬主ライフが楽しくなる情報満載!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング