スマートフォン版へ

【福永祐一×藤岡佑介】第2回『大阪杯はスタートにも注目!? ホントに祐一さんの技術は盗みたい』

  • 2019年03月20日(水) 18時02分
with 佑

▲佑介騎手がちょっとお金を積んででも(笑)盗みたいという、福永騎手の技術とは?


昨年の3月までnetkeibaで、4年間にわたって連載コラム『祐言実行』を担当した福永騎手。“ジョッキー”ならではのメッセージをたくさん発信してきました。その役割を後進の佑介騎手らに託し、自身のコラムの終了を決断。あれから1年。今度は“ゲスト”という立場に変え、netkeibaに登場。新旧コラムニストの貴重な対談、第2回となる今回は、佑介騎手も「群を抜いている」と羨む福永騎手のスタートの上手さと、今月末に控えた大阪杯について語ります!

(取材・文=不破由妃子)

祐一さんの隣のゲートはホントに…


佑介 祐一さんは、総合力の高さはもちろんですけど、なかでもスタートに関しては群を抜いていますよね。その都度アドバイスをもらっていますけど、はぐらかされることもあるので、いつも盗み見ています(笑)。

福永 若い子には具体的なアドバイスをすることもあるけど、佑介は同じステージで戦っているから、細かいことまでは言えない。簡単には習得できないような技術ならまだしも、そうじゃないから余計にね。

──「スタートのコツに関しては、1から10まで理論的に説明できる」と『祐言実行』でも書いていらっしゃいましたよね。

佑介 全然説明してくれない! たまに「さっきの俺のスタート、見た?」とか言って、自慢されることはありますけど(笑)。まぁ僕もすべてを教えてもらえるとは思っていないから、核心に迫るような質問はしませんけどね。

福永 俺ね、ゲートが開く瞬間がスローモーションで見えるときがたまにあってね。普通、フライングぎみのスタートのときって、だいたい人間の体が遅れてしまうんだけど、スローモーションで見えるときは、それに合わせて自分の体も出していける。

佑介 それはすごい。スタートって、一瞬にして静から動に移る行動だから、気持ちの面がすごく大きいと思うんです。その点、おそらく祐一さんは「自分が一番速い」という自信を持っているから、それだけ余裕があるんじゃないかと。要するに、「出遅れたらどうしよう」みたいな不安が微塵もないというか。

福永 たしかに一番の秘訣は? と言われたら、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング