スマートフォン版へ

幼馴染とともに見ていた夢の舞台に立って――兵庫のイケメンジョッキー・鴨宮祥行

  • 2019年01月15日(火) 18時01分
馬ニアックな世界

▲兵庫のホープ・鴨宮祥行騎手が、ジョッキーを目指したきっかけは…


2019年最初の「ちょっと馬ニアックな世界」です。昨年からスタートしたコラムもおかげさまでもうすぐ2年目を迎えられそうです。お読みいただいている皆さま、取材にご協力いただいている皆さまにこの場をお借りして改めて感謝申し上げます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。


「いつか息子が騎手になって、祥行と一緒のレースに…」


 今回の「ちょっと馬ニアックな世界」は昨年、重賞初制覇とキャリアハイを達成したとあるイケメンジョッキーのお話。

 園田・姫路競馬の鴨宮祥行 (かもみや・よしき) 騎手がジョッキーを目指したきっかけは、友達からの「一緒に騎手になろう!」という誘いでした。小学生の頃は京都競馬場に遊びに行き、とある事件が後押しして誓ったジョッキーへの夢。

 友達は残念ながら騎手にはなれませんでしたが、「いつか息子が騎手になって、(鴨宮)祥行と一緒のレースに乗ってほしいな」と、2歳の息子と共に鴨宮騎手の応援をしています。中学生から大人になるまでの間、彼らに何があったのでしょうか。

馬ニアックな世界

▲鴨宮騎手の幼馴染は2歳の息子と共に、園田競馬場でエールを送る


 鴨宮騎手と幼馴染の友人S君は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬リポーター。競馬番組のほか、UMAJOセミナー講師やイベントMCも務める。『優駿』『週刊競馬ブック』『Club JRA-Net CAFEブログ』などを執筆。小学5年生からJRAと地方競馬の二刀流。神戸市出身、ホームグラウンドは阪神・園田・栗東。特技は寝ることと馬名しりとり。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング