スマートフォン版へ

【根岸S】コパノキッキングほか有力馬の馬体をチェック!

  • 2020年01月27日(月) 18時01分
競馬専門紙「馬サブロー」が誇るパドックの達人・加藤剛史トラックマンに根岸S出走予定馬の馬体診断を行っていただきました。

(デイリースポーツ 馬サブロー・加藤剛史)


コパノキッキング

栗東・村山明厩舎 セ5


コパノキッキング

▲1月22日撮影


 ダートの短距離馬としてはスラッとして華奢に見せる馬。もっと筋肉が付いて成長しそうな骨格ではあるが、長めの繋ぎに管の細い脚元。体を増やしすぎると脚元に不安が出る可能性もあるので、現状のままがベストなのだろう。イレ込む気性で関東圏への輸送もあるので現状では余裕を残した仕上げだが、これで結果を出しているので問題はなし。

ダノンフェイス

栗東・大久保龍志厩舎 牡7


ダノンフェイス

▲1月22日撮影


 大型馬で筋肉量も豊富。パドックでは実に見栄えのする1頭。脚が

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

相馬の達人たちが重賞レースに出走する有力馬の馬体を診断します。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング