スマートフォン版へ

【手塚貴久調教師】菊花賞馬フィエールマン始動 「結果と内容によっては、春はドバイも視野に」

  • 2019年01月13日(日) 18時01分
今週のface

▲フィエールマンを管理する手塚貴久調教師 (C)netkeiba.com


キャリア4戦で菊花賞を制したフィエールマン。管理する手塚貴久調教師は、2013年の朝日杯FS(アジアエクスプレス)以来5年ぶり、4度目のGI勝利となりました。明け4歳となった菊花賞馬の始動戦に選ばれたのが、勝利経験のある中山が舞台のAJCC。指揮官にその手応えを伺います。

(取材・文=佐々木祥恵)


異例の菊花賞ローテも「状態と能力は通用する」


――まずラジオNIKKEI賞(GIII)2着から菊花賞直行は予定通りだったのでしょうか?

手塚 急に菊花賞直行と決まったわけではなく、レースが終わって3週間くらいまでの間には、菊1本で行こうかなと思っていました。

――ラジオNIKKEI賞後はかなり疲れがあったのでしょうか?

手塚 あの日の福島は気温が30度台後半でとても暑かった上に、結構きつい競馬になりましたから、馬のダメージは相当ありました。レースから1週間ほどたっても馬体重がなかなか回復しなかったこともあり、オーナーと相談してセントライト記念を挟まず、菊花賞1本で行くことになりました。

――それまでも体質的に弱いところがあって、間隔をあけながら出走していましたね?

手塚 そうですね。馬体も腹袋があるタイプではなく、見た感じも細い馬で、間隔を詰めて使うと体も萎みやすいというのもありました。

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング