スマートフォン版へ

【C.ルメール騎手】狙うは昨年を超えるJRA年間200勝 「今年もスペシャルイヤーにしたい」

  • 2018年11月11日(日) 18時02分
今週のface

▲年間GI7勝の新記録も達成、絶好調のクリストフ・ルメール騎手 (撮影:大恵陽子)


この秋、絶好調のクリストフ・ルメール騎手。秋華賞(アーモンドアイ)、菊花賞(フィエールマン)、天皇賞・秋(レイデオロ)、JBCスプリント(グレイスフルリープ)とJRA場で行なわれたGIを4週連続勝利。年間GI7勝の新記録も達成しました。「今年もスペシャルイヤーにしたい」というルメール騎手に、秋のGI4戦の振り返り、そしてモズアスコットと臨むマイルCSについて展望を語っていただきました。(取材・構成:大恵陽子)


アーモンドアイはFantastic Horse!


――まずは、アーモンドアイでの牝馬三冠達成おめでとうございます。

ルメール ありがとうございます。

――桜花賞のレース後に「Triple Crown!」とおっしゃったのが印象的でした。

ルメール 桜花賞を勝って「この馬で三冠を獲れる」って確信しました。オークスは絶対に勝てると自信があったんですが、桜花賞は1600mでスタートがそんなに速い馬ではないので自信がなかったんです。レースでは、トライアルで強い勝ち方をしたラッキーライラックが4コーナーでも前の位置にいて心配しました。でも、直線で10馬身後ろからみんなを抜かしていった彼女(アーモンドアイ)の速さは半端なかったです。ラッキーライラックはすごくいいレースをしていたけど、アーモンドアイが強すぎたね。

――オークスではロードカナロア産駒のため距離不安もささやかれましたが、一蹴。二冠馬となり最終戦・秋華賞に駒を進めましたね。

ルメール 秋華賞は京都の内回り2000mでトリッキーコース。それだけが心配でした。馬の能力は全然問題ないけど、もしスタートで出遅れて後ろのポジションになれば最後はちょっと大変になります。で、実際大変になりました(苦笑)。

――そんな不利な状況を跳ねのけて、あの末脚はすごかったです。

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング