スマートフォン版へ

園田プリンセスC、ティーサーが逃げ切る

  • 2005年09月28日(水) 17時00分
 28日、園田競馬場で行われた園田プリンセスC(2歳牝、ダート1400m)は、板野央騎手の3番人気ティーサー(牝2、兵庫・野田忍厩舎)が、4番人気ゴールドハートランに3.1/2馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分30秒4(重)。さらにアタマ差の3着には1番人気レッドクレオパトラが入った。

 勝ったティーサーは、父タイキブリザード母キョウエイカナ(その父ヘクタープロテクター)という血統。叔父に00年京都新聞杯(GIII)2着のマルカミラー、従兄弟には今月10日に阪神競馬場で行われた朝日チャレンジC(GIII)を制したワンモアチャッター(牡5、栗東・友道康夫厩舎)がいる。05年6月に迎えたデビュー戦(園田・ダート820m)は2着に敗れるも、続く2戦目(園田・ダート820m)で初勝利を挙げている。前走セカンドトライ(園田・ダート1400m)は勝ったタイキサンディ(牡2、兵庫・大石省三厩舎)に3/4馬身及ばず2着に敗れていた。この勝利で重賞初制覇、通算成績を4戦2勝とした。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す