スマートフォン版へ

【有馬記念】(中山)〜ゴールドアクターが4連勝でGI初制覇

  • 2015年12月27日(日) 18時49分
中山10Rの有馬記念(3歳以上GI・芝2500m)は8番人気ゴールドアクター(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分33秒0(良)。クビ差の2着に5番人気サウンズオブアース、さらに3/4馬身差の3着に4番人気キタサンブラックが入った。

ゴールドアクターは美浦・中川公成厩舎の4歳牡馬で、父スクリーンヒーロー母ヘイロンシン(母の父キョウワアリシバ)。通算成績は13戦7勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ゴールドアクター(吉田隼人騎手)
「この馬に乗って中山で走るのは初めてでしたが、コース相性はいいと思っていましたし、いい枠も引けて、イメージ通りの競馬ができました。抜け出してからは早くゴールが来いと思いながら追いました。12月20日が誕生日で、クリスマスに加えていいプレゼントをもらいました」

(中川公成調教師)
「(GI初勝利に)まだ実感がわきませんね。レースに関してはゲートが開いてみないとわかりませんが、道中は思い通りにいい感じで運べていました。直線は力が入りましたね。来年は春の天皇賞を目標にやっていきたいと思います」

2着 サウンズオブアース(M.デムーロ騎手)
「ショックです。勝ちたかったです。残念でした。スタートがよかったです。4コーナーで少し狭くなりました。最後はすごく伸びていました」

(藤岡健一調教師)
「直線で下がってくる馬をさばいているうちに、内から勝ち馬に行かれてしまいました。まだ2勝馬ですが、状態がいちばんよかっただけに残念です」

3着 キタサンブラック(清水久詞調教師)
「自分のリズムで行けました。どんな競馬でもできる馬です。力を出し切った、いいレースでしたし、古馬に対しても力のあるところを見せられました。次走は馬の状態を最優先に考えたいと思います」

4着 マリアライト(蛯名正義騎手)
「悔いはありません。思ったとおりに走ってくれました。仕方がありません。まだキャリアも少ないですし、来年が楽しみです。もうひと呼吸待てればよかったかもしれませんが......」

5着 ラブリーデイ(川田将雅騎手)
「道中はスムーズなレースができました。2500mはさすがに長いと思いました。4コーナーで出ていけませんでした。それでも最後までがんばってくれました」

6着 トーセンレーヴ(H.ボウマン騎手)
「このローテーションを考えれば、7歳にしてもっともいい時期を迎えていると思います。心臓がよくなり、フィジカルが強化されてきました。直線で前が塞がりましたが、あれがなければ3着はありました」

8着 ゴールドシップ(内田博幸騎手)
「スーッと上がっていけたのですが、スローペースで厳しかったです。もっと前へ行くつもりでしたが、それでもよくがんばっています。最後の最後でしたし、何とかしたいと思いましたが、現実は厳しかったです。馬に『お疲れ様でした』と言いたいです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す