スマートフォン版へ

デビュー控える藤田菜七子騎手が追い切りに騎乗、根本師「まずは無事に」

  • 2016年02月25日(木) 19時00分
 3月3日(木)、川崎競馬場でのひな祭りデビューが決まった藤田菜七子騎手。25日(木)には、川崎競馬10Rのマーチスター賞(ダ1600m)で手綱を取るレガリアシチー(牡6・美浦・根本康広)の追い切りにも騎乗。中央競馬では16年振りの女性騎手とあって、多くの報道陣が見守る中、藤田騎手を背にしたレガリアシチーがウッドチップコースを単走で駆け抜けて行った。

 前日の新人騎手ムチ贈呈式では「デビューが間近に迫ってきて緊張しています」と語っていた藤田騎手だが、ここ最近の取材攻勢に師匠である根本康広調教師からも「(藤田騎手は)少しナーバスになっています」という言葉が漏れている。ただ無事追い切りを終えた馬上の藤田騎手からは、笑顔ものぞいていた。

「先週より良いと、一緒に見ていたオーナーも言っていました。僕もジョッキー時代に、川崎や浦和、水沢など地方競馬でも騎乗経験があります。確かに中央よりは乗りづらいですけど、同じ競馬場ですからね。レース前にアドバイスはしますよ。レースよりも返し馬に気をつけるようにとね。

 レガリアシチーは、競馬に行くとテンションが高くなるので、その辺がどうかですね。馬が空気を読んでくれれば良いんですけど(笑)。でもあの馬は空気読まないだろうな(笑)。結果が良ければ一番良いですけど、まずは無事にですね。オーナーサイドが快く乗せてくださいましたし、その恩返しができればと思っています」

 デビューを控えて多忙の藤田騎手に替わって、根本調教師が追い切り後にコメントを残した。

 3日は10Rのレガリアシチーの他に、まだ確定していないものの、4Rシンフォニーヒルズ(牝9・川崎・河津裕昭)、5Rミスターナインワン(牡7・浦和・牛房榮吉)、12Rポッドライジング(牡4・川崎・八木正喜)に騎乗予定となっている。

(取材・写真:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す