スマートフォン版へ

桜花賞に名乗りを上げるのは/チューリップ賞の見どころ

  • 2016年02月29日(月) 12時01分
 桜花賞の最重要ステップレース、チューリップ賞。現時点での3歳牝馬戦線はメジャーエンブレム一強というムードだが、同馬とはまだ未対戦のシンハライトレッドアヴァンセジュエラーといった素質馬が揃って参戦してきた。ここを制してメジャーエンブレムを脅かす存在となれるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/5(土) チューリップ賞(3歳・牝・GIII・阪神芝1600m)

 シンハライト(牝3、栗東・石坂正厩舎)は新馬戦、紅梅Sと2連勝。特に前走の紅梅Sはスタートで遅れたものの、直線で良い脚を使って差し切り、さらに素質馬ワントゥワンの追撃も凌ぐという強い内容だった。阪神コースは初めてだが、全兄アダムスピークがラジオNIKKEI杯2歳Sを制しており、特に問題はなさそう。無傷の3連勝でメジャーエンブレムに挑戦状を叩きつけることができるか。

 レッドアヴァンセ(牝3、栗東・音無秀孝厩舎)はデビューからの2戦は2着に敗れたものの、3戦目で勝ち上がって、続くエルフィンSも快勝。兄に4頭の重賞ウイナーがいるという良血が開花してきた。ここも一気に突破して兄達に続くことができるか。

 ジュエラー(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)は前走のシンザン記念でクビ差及ばずの2着だったが、牡馬相手に強烈な末脚を披露。ここでもその決め手に期待がかかる。また、同馬には現在絶好調のM.デムーロ騎手が騎乗予定。ここを勝てば重賞騎乗機会6連勝となり、武豊騎手の記録に並ぶこととなる(さらに翌日の弥生賞にはリオンディーズがスタンバイ)ので、是非注目しておきたい。

 その他、阪神JFで2着のウインファビラス(牝3、美浦・畠山吉宏厩舎)、メジャーエンブレムに唯一土をつけているデンコウアンジュ(牝3、栗東・荒川義之厩舎)、距離延長にも対応しているブランボヌール(牝3、栗東・中竹和也厩舎)、連勝中のエルビッシュ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)なども上位を狙う。発走は15時35分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す