スマートフォン版へ

JRAが大阪杯のGI格上げを検討 来年にも

  • 2016年03月18日(金) 14時25分
 JRAが春の古馬中距離路線を充実させるため、大阪杯のGI格上げを検討していることがわかった。

 中距離を得意とする古馬にとって、上半期は最後の宝塚記念以外に適鞍となるGIがないのが現状で、近年はドバイや香港など、春に海外遠征を行うケースが増加していた。早ければ来年にも格上げが実現する。

 なお、JRAの重賞競走はレースレーティングを基に格付け管理が行われており、GI昇格の基準は「直近3年間のレーティング平均が115ポンド以上」となっているが、今年の大阪杯ラブリーデイショウナンパンドラキタサンブラックなどGI馬が多数出走予定で、問題なくクリアできるものと思われる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す