スマートフォン版へ

ナリタブライアンの同期生、ナムラコクオーが引退

  • 2005年12月06日(火) 16時00分
 6日、94年NHK杯(GII)などJRAで重賞4勝を挙げたナリタブライアンの同期生ナムラコクオー(牡14、高知・田中守厩舎)が、現役を引退することになった。今後は土佐黒潮牧場で第2の人生を送る予定。

 ナムラコクオーは、父キンググローリアス母ケイジョイナー(その父サドンソー)という血統。93年9月に栗東・野村彰彦厩舎からデビューし3戦目で初勝利。同年ラジオたんぱ杯3歳S(GIII)、94年シンザン記念(GIII)、NHK杯(GII)と重賞を制し、日本ダービー(GI)では、後の3冠馬ナリタブライアンに次ぐ2番人気に支持された(6着)。その後は1年9ヶ月の休養を余儀なくされたが、復帰3戦目の96年プロキオンS(GIII)を制し重賞4勝目を挙げた。そのレースを最後に高知競馬に移籍。99年黒潮スプリンターズC、03年建依別賞(共に高知・ダート1400m)の2重賞を含む21勝を地方競馬で挙げ、息の長い活躍を続けた。03年9月27日が現役最後のレース。通算成績47戦27勝(JRA14戦6勝)。

 なお、同馬の引退式は来年に行う予定となっている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す